融雪ヒートポンプユニット

降雪による厳しい冬の暮らしを快適・安全にする技術の提供を。

<特長1>優れた臭気分解性能
臭気物質を吸着剤に濃縮して分解するため、低濃度臭気を効率よく分解します(臭気低減率約95%)。

<特長2>低ランニングコスト
消費電力は6,000CMHの場合に約40W、吸着剤は自動再生するため消耗品は従来方式の1/10以下です。

<特長3>保守管理が容易
吸着剤(触媒)の自動再生により、従来方式のような消耗品の定期交換が不要です。

<特長4>地球環境に配慮
吸着剤(触媒)の効果で、放電時に生成されるオゾンなどの外部放出がありません。

臭気物質を吸着剤に濃縮して分解するため、低濃度臭気も効率よく分解します。
以下に、初期性能の一例を示します。

脱臭装置入口 脱臭装置出口
臭気濃度
(ppm)
臭気強度 臭気濃度
(ppm)
臭気強度
硫化水素 0.100 3.2 0.002 1.6
メチルメルカプタン 0.053 4.2 0.002 2.5

「プラズマ応用による脱臭」方法では、プラズマ発生部によりOHラジカルを発生 させ、有機物と反応させるため、「CO2」と「H2O」に完全分解されて排出されます。

ご相談窓口はこちら