三菱電機冷熱プラント 環境方針 環境基本理念

 「三菱電機グループ 環境方針」を踏まえ、当社がこれまで培ったエンジニアリング力と新たに開発するエンジニアリング力を用いた事業活動を通じ、地球環境に与える負荷を可能な借り少なくし、豊かで持続可能な社会の実現に貢献する。

環境行動指針

 当社は冷凍・空調設備を主体としたシステムエンジニアリング事業を通じて、省エネ、省資源などの面から環境保全に、直接・間接的に貢献しています。
 一方、事業活動を通じて、電力、燃料などのエネルギー資源の使用、科学物質の使用及び廃棄物の排出などにより、資源枯渇、地球温暖化や地球環境に影響を与えています。
この認識の下、次に掲げる環境活動を推進します。

1.

当社が提供する冷凍・空調設備が環境に与える影響を的確に把握し、環境負荷の低減と汚染の防止に努めると共にお客様の環境改善に寄与するシステムを積極的に提案します。

2.

環境関連の法規・条例、関連業界の行動規範及び当社が定めた自主管理基準を順守します。

3.

事業活動を通じて、次の環境側面を重点的に取り組みます。
 (1)廃棄物の適正処理
 (2)フロン回収・破壊法の遵守
 (3)電気使用量、燃料使用量の削減

4.

全従業員及び当社関係者に対して環境方針を周知徹底すると共に、環境教育や社内広報活動を通じて、環境保全に対する理解と意識向上による全員参加の環境保全活動を推進します。

 

三菱電機冷熱プラント株式会社
代表取締社長 石川孝治