ここから本文

三菱掃除機

テキスト版

まずはココから
掃除機購入の決め手となるポイント

掃除機は生活に欠かせない家電の一つです。ここではそんな掃除機の知っているようで知らない選び方のポイントをご紹介します。

集じん方式で選ぶ

集じん方式で選ぶ

掃除機の集じん方式には、大きく分けて「サイクロン式」と「紙パック式」があります。

使うシーンによってそれぞれ特徴がありますので、生活環境や使用環境にあわせて選ぶと良いでしょう。

集じん方式
早見表
サイクロン式吸い込んだゴミを風の力で分離してダス トボックスに集めます。 紙パック式吸い込んだゴミを紙パックに集めます。
吸引持続力

○

フィルターにゴミが詰まると吸引力が落ちることがあります。
サイクロンボックスにフィルターがないタイプは、目詰まりせず、吸引力が長続きします。

△

紙パックにゴミがたまってくると吸引力が落ちます。

ゴミ捨て

○

ダストボックスに少しでもゴミがたまったら捨てることができます。

○

紙パックがいっぱいになったらゴミを捨てます。

ランニングコスト

○

紙パックを交換する費用と手間がかかりません。

△

紙パック交換の費用と手間がかかります。

お手入れ

△

フィルターやダストボックスの適度なお手入れが必要。お手入れすることによって吸引力の低下を防ぐことができます。

○

紙パックがいっぱいになったら捨てるだけです。

排気のニオイ

△

こまめにゴミを捨てることで排気のニオイを抑えることができます。
風の通り道とゴミがたまる部分が分かれている構造により、排気のニオイを抑えることができるタイプもあります。

△

紙パックにゴミがたまっていると排気のニオイが出やすくなります。

こんな方におすすめ!
  • ランニングコストが気になる方
  • 吸引力の低下を気にする方
  • ゴミ捨ての回数を減らしたい方

吸引力で選ぶ

吸引力で選ぶ

掃除機の性能で重視されるのが吸引力。その目安の1つとなるのが、「吸込仕事率」です。

「吸込仕事率」とは、「モーターのパワー」により空気を吸い込む能力を数値化したもので、W(ワット)で表されています。(ブラシをつけずに測定します。)

実際にゴミを集める能力はブラシの性能や床の環境にもよりますので、「吸込仕事率」はあくまで吸い込む力の目安として参考にしましょう。

排気性能で選ぶ

排気性能で選ぶ

サイクロン式掃除機でも紙パック式掃除機でも、気になる排気のニオイ。ペットの毛や食べ残しなどニオイのついたものを吸い込むとどうしても排気のニオイが気になってしまいます。最近では排気のニオイを抑える構造や仕組みをもった掃除機もでていますのでぜひチェックしてみてください。

また、気持ちよくお掃除するために、排気のクリーン度にも注目しましょう。

排気のクリーン度を示す数値は、「捕集率99.999%」などで表示されます。 この数値は、室内の空気と比べ掃除機の排気に含まれるホ コリがどれだけ減ったかを示しています。 このときポイントとなるのは「どのサイズのホコリを対象 にしているか」ということです。「0.3µm」のホコリを対 象にしているものの他に、「0.5µm」や「1.0µm」など大きいホコリが対象で表示されているものもあります。

掃除機の重さで選ぶ

掃除機の重さで選ぶ

階段や棚掃除、お部屋の移動など何かと持ち上げることも多い掃除機。

ゴミの吸込みや静音性を高く維持する為には、これまでは掃除機本体が大きく重くなってしまいがちでしたが、最近では高い性能を維持しつつ軽量コンパクト化を実現した製品も登場しています。吸込力/静音性/排気クリーン度などの性能を確認しながら、ご自宅のお掃除環境にあった重さの掃除機を選ぶようにしましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさで選ぶ

意外に見落としがちですが、掃除のたびに掃除機のブラシヘッド部分にはチリ・ホコリや糸くずなどの汚れが付着します。
この汚れは衛生面が気になるだけでなく、放っておくと掃除機の吸い込みを悪化させる原因となってしまい、消費電力も上がってしまいます。

節電対策として、まめにお手入れすることをおすすめします。
また、ブラシだけでなく本体やダストボックスなどのお手入れのしやすさも掃除機選びのポイントです。