ここから本文

エコヌクールFRIENDS

Vol.31T様邸(北海道旭川市)

住宅既築

「日本一寒いまち」でもエコヌクールは大活躍!
快適さを保ちつつ、電気代低減で家計にも大きく貢献。

※1902年1月25日に日本気象官署で国内観測史上最低気温-41℃を記録。

建物のご紹介

建物のご紹介

所在地/北海道旭川市

住まいのご紹介
旭川市は、北海道のほぼ中央に位置する上川盆地にあり、札幌市、仙台市に次ぐ北日本では3番目に人口が多い北国有数の都市です。寒さが厳しく、日本最低気温-41℃の記録を持ち、2001年1月にも-36.6℃を記録しました。
「行動展示」で一躍有名になった旭山動物園を始め、大雪山や層雲峡、旭川ラーメンなど、一年を通して観光・名物には事欠かず、“寒さ”も観光の目玉の一つとなっています。お住まいは市内郊外の閑静な住宅地にあり、冬の寒さ、積雪いずれも厳しい場所です。

外気温度条件
北海道旭川市
◎最低外気温度 -23.7℃
◎設計外気温度 -15.9℃ (12~3月のTAC2.5にて設定)
※外気温度はいずれも拡張アメダス標準気象データ(1995-2000)による
主なご採用機種
本体
エコヌクールレオ 1セット
(室外ユニットは凍結防止ヒーター付配管ロングタイプ)
リモコン
リモコン 1台(簡易システムで使用)
放熱器
パネルヒーター(既存の設備を使用し熱源機のみ電気ボイラーから置換)
※熱源置換には条件があります。今回も暖房能力確認の上、置換可能と判断しています。

思い切って電気ボイラーからエコヌクールへ熱源を置き換え

電気ボイラーからエコヌクールへ熱源を置き換え

従来よりオール電化住宅。今回は暖房熱源を電気ボイラーからエコヌクールへ置き換え。断熱性能はQ値1.6程度。


電気料金の比較(12月から5月の6ヶ月間で比較)

※前年からは暖房熱源の置き換えと断熱工事を実施

シーズンあたり48,610円(約18%)も削減!

※北海道電力(株)から請求された、家庭内すべてで使用した電気料金を元に、2012シーズンの価格を2013年9月1日値上げ以降の単価に補正して比較したもの。

※電気料金は気象条件により変わります。
※熱源置換には条件があります。暖房能力、補助暖房の有無等、必ず事前の確認が必要です。

設計・施工に関する情報

設計・施工に関する情報
あそびま
グランド
保育室風景

放熱器はパネルヒーターを大小12枚使用し、全館24時間暖房運転

お客様に聞きました(T様)

採用の経緯は?

従来よりオール電化住宅で、暖房熱源は電気ボイラーでした。
今回住宅のリフォームにあたり、ボイラーの老朽化と電気料金の改定(値上げ)を受け、熱源を切り替えました。
エコヌクールのことは以前から知っており、断熱工事も併せて行なった(Q値1.6程度へ向上)ので思い切ってヒートポンプを採用しました。

使用後の感想は?

旭川でのヒートポンプ温水暖房については、能力的に不安はあったのですが、たいへん快適です。早朝など一時的に外気温が-15℃を下回ってくると少し肌寒さを感じることもありますが、エアコンなどの補助暖房運転や、衣服で調節できます。これは事前に承知していたので生活上、問題ありませんね。

驚きのランニングコスト!

驚いたのはランニングコストです。電気料金は前年に比べシーズンで約5万円(18%)削減できました。
(前年の電気料金を改定後に補正して比較)
正直これは期待以上で驚いてます。住宅の断熱性能確保と補助暖房が使用できれば寒冷地でもヒーポン暖房は使えますね。

※熱源置換には条件があります。暖房能力、補助暖房の有無等、必ず事前の確認が必要です。

pic_06

エコキュート、ズバ暖霧ケ峰、
エコヌクールと給湯・空調はオール三菱!

エコヌクールは設置自由度が高く、今回は熱交換ユニットを室内に設置。
配管ロングタイプもあり施工性抜群。