ENEDIA

ENEDIAの事例を見る

“未来”の暮らし方、始まってます!
ENEDIA生活レポート

電気や給湯、車での移動など、暮らしのエネルギーを総合的に賢くマネジメントするENEDIAは、
どのように活用されているのでしょうか。
一足先にENEDIAを導入した家族を訪ね、その暮らしぶりを取材しました。

写真/西村徹・山本典義 イラスト/イケウチリリー 文/浅倉彩
SOLAR JOURNAL 2017年冬号[vol.20]

<設計>株式会社セントラルハウス   
TEL0761-47-2606   centralhouse.co.jp

ENEDIAとは?

ENEDIAとは、三菱電機が提案するスマートハウスソリューションのこと。太陽光発電でつくった電気をEV/PHEVの蓄電池にためたり、エコキュートにお湯としてためておき、家庭でHEMSを活用してかしこく使うといった考え方だ。

EV(電気自動車)活用で家の中も快適に!停電時も安心して過ごせる暮らし

快適&安心を実感!

「寒さや湿気に強い住み心地のよい家を」と、断熱性を高めた全館空調の家を新築し、さらにENEDIAの仕組みを導入したYさんファミリー。以前に住んでいた家でかかっていた電気代・ガス代・灯油代は、オール電化を採用したことで電気代に一本化されました。さらに屋根に搭載した太陽光発電の売電収入を加算すると、光熱費の収支は毎月3万円ほどもプラスに。真冬でも、廊下やお風呂も家じゅうが暖かい快適さに加えて、家計にも嬉しい新居になりました。
せっかく太陽光発電にするなら、つくった電気をためて家でも使えるように、と車をEV(電気自動車)に乗り換え、太陽光で発電した電気や安い夜間電力で充電して車を走らせています。「EVをSMART V2Hに繋いでおけば、HEMSが判断して充電しておいてくれます」と、ご主人も満足そう。
3時間ほどの充電で100%にすると、150kmくらい走れるとのこと。遠出するときには、カーディーラーやコンビニ、道の駅などの急速充電スポットをドライブの休憩がてら利用しています。
ご主人はまた、EVに電気をためておくと、停電時も普段と同じ暮らしができて安心だと話します。「先日停電したときは、特に難しい操作をしなくてもEVからの給電モードになりました。給湯も電気を使うエコキュートなので、停電してもお湯が使えます。寒い地域で小さい子供もいるので、何かあっても暖かさを守れるシステムは本当にありがたい」(ご主人)。
近くに住んでいるご主人のお姉さんも「何かあったらこの家にくる」と話しているそう。暮らしの必需品であるエネルギーをつくってためて使える、頼れる住まいです。

ENEDIAだから、停電の時も普段と変わらない暮らしができました。安心のオール電化生活です。

全館空調を採用し、玄関からお風呂場まで過ごしやすい温度に。湿度も快適で、カビが出にくく、洗濯物や食器がすぐ乾く。「IHもガスより早くて使いやすい」と奥様。
屋根では15.6kWの太陽光発電でたっぷり発電。EVへの充電機能やエコキュートもプラスし、暮らしはさらにスマートに。
Yさん宅のENEDIA構成機器

ENEDIAの事例を見る