ENEDIA

ENEDIAの事例を見る

未来の暮らし方レポート

電気や給湯、車での移動など、暮らしのエネルギーを総合的に賢くマネジメントする三菱電機の
ENEDIA。一足先にENEDIAを導入したご家庭を訪ね、車の蓄電池やエコキュートをかしこく使う
暮らしぶりを取材しました。

撮影/山本典義 イラスト/イケウチリリー 
SOLAR JOURNAL 2018年1月号[vol.24]

<設計・施工>株式会社サンコー 
TEL052-784-9012   www.kabu-sanko.jp

ENEDIAの仕組み

太陽光発電でつくった電気をEV/PHEVの蓄電池にためたり、HEMSでかしこくコントロール。

PHEVとエコキュートをフル活用!電気をかしこく使う次世代生活

エコキュートにも蓄エネ 太陽光発電を無駄なく活用

愛知県にお住まいの倉田さんご一家は、2017年9月にENEDIAを導入しました。「京都のENEDIAハウスを見学した時から気になっていました」というご主人は、「折角なら一番役に立つものにしたい」と、太陽光発電システムとエコキュート、SMART V2Hを設置し、PHEVを購入。自宅で充電したPHEVは、奥様の毎日の通勤時に活躍しているようです。
「太陽光発電を入れたことで電気の使用状況に意識的になりました」という奥様は、「電気代、ガス代、ガソリン代を合わせて、月に3〜4万円、支出を減らすことができました」と満足のご様子。太陽光発電で生まれたエネルギーはエコキュートにも活用できるので、電気を無駄にしません。オール電化にしたことで、子供たちが料理をする時にも火を使わないので安心とのこと。
「10年程度で導入費用は回収できそうです。今後リフォームする時には、HEMSの導入も考えています」と語るご主人。
近い将来、ENEDIAがさらに活躍することになりそうです。

太陽光発電で電気の使い方に意識的になりました。オール電化にしたことで、安心も増えました。

エコキュートに太陽光発電で生まれたエネルギーをお湯としてためる。SMART V2Hを通してPHEVに電気をためる。
6.75kWの太陽光パネルでたっぷり発電。室内のモニターで、太陽光の発電量やPHEVの充電状況などを確認。エコキュートやIHクッキングヒーターにも太陽光発電で生まれたエネルギーを有効活用。

さらにHEMSをつなげると……

家庭の消費電力および
機器の運転状況の見える化
外出先からスマートフォンで操作

たとえば、エコキュートをHEMSとつなげれば、外出先からスマートフォンで湯はりや沸き増しを遠隔操作できるから、帰宅後すぐに入浴したい時や急な来客時に便利。接続機器を増やせば省エネでより快適な生活をサポート。

倉田さん宅のENEDIA構成機器

ENEDIAの事例を見る