ここから本文

IH取り付け

システムキッチン(ビルトインタイプ)をお使いの方

①ガスコンロの高さが220mmなら、タテ・ヨコの寸法を確認して交換。

②背の高いガスコンロ(230mm以上)なら、隙間があくので部材で調節。
 ・IHの下または上に専用隙間かくしルーバーを使います。

③背の低いガスコンロ(210mm以下)なら、キッチン扉をつけ直す作業が必要です。
 (そのままでは取り付けできません。)
 ・扉を必要寸法分だけ下げて付け直します。
 ・扉の下側をけこみ(両となり)に合わせてカットします。
 ※キッチンにより、ガスコンロと庫内を仕切る板がありますので、外して付け直します。

ビルトインに取り替えてIHに。

コンロ置き台をお使いの方

ビルトインタイプ

(1)別売 設置枠を使います。
(60cm幅タイプ、75cm幅タイプ)
(2)必要により枠にバックガードを使います。
(60cm幅タイプ、75cm幅タイプ)
(3)枠ごと、ガスコンロとおきかえます。
(コンセントは、30A用・20A用を確認の上、つけておきます。)

設置用枠を使ってビルトインもOK!

据え置きタイプ

(1)据置型をご購入いただきます。
(2)必要により、本体にバックガードを使います。
(3)コンセントは、30A用・20A用を確認の上、つけておきます。

据置型なら取り替えるだけでOK!

配線工事について

2線式・3線式の確認

単相3線式の電気が送られているかを確認。
引き込み線2本の場合は電力会社にご相談ください。

IHクッキングヒーターは、単相3線式200Vの電源が必要です。

●単相3線式の確認
(単相2線式の場合は、単相3線式に切替え工事が必要です。)
●アンペアブレーカーと幹線の太さの確認
(容量が足りない場合は、幹線の張替え工事が必要です。)
●分電盤の空きブレーカーの確認
(空きブレーカーがない場合は、増設工事が必要です。)
●三相200V(動力電源)には絶対に接続しないでください。