ここから本文

三菱電機融雪用温水 ヒートポンプユニット(ロードヒーティング対応/屋根融雪対応)

  • MELSNOWの特徴
  • [開放式]融雪システム構成
  • [密閉式]融雪システム構成
  • MELSNOW製品・部材
  • MELSNOWに関するお問い合わせ

MELSNOWの特徴

業界唯一ヒートポンプ式 外気温-25度でもOK

北海道電力株式会社と共同研究[共同研究は開放式のみ]!効率の良いヒートポンプ方式採用。

小型ロードヒーティングとしては、業界初(2017年7月1日発売、 融雪面積30m²程度の住宅・小型店舗向けの融雪システムにおいて(当社調べ))のヒートポンプ方式を採用。寒冷地域では制限の多かったヒートポンプ方式ですが、専用の高性能小型大容量圧縮機の開発や温水ポンプの流量制御最適化などの採用により、低外気温環境下でも十分に安定した能力を発揮するオールインワンユニットの開発を実現。北海道電力株式会社との共同研究を通じて開発されています[開放式のみ]。

ヒートポンプユニットによる温水ロードヒーティング特徴

戻りで約10℃前後の温水が、時間をかけて降り積もる雪を融かします。

燃焼系ボイラーと比較し、融かすスピードよりも省エネ性を優先した商品です。

ヒートポンプユニットによる屋根融雪特徴

戻りで20~30℃の温水が、時間をかけて降り積もる雪を融かします。

燃焼系ボイラーと比較し、融かすスピードよりも省エネ性を優先した商品です。

カンタン置き換え

すぐれた施工性。他熱源からの取替えもカンタン。買替えのお客様にもおすすめ。

ヒートポンプ熱源機と温水熱交換器を一体化。面倒な冷媒回路の接続は不要で施工性も従来のボイラーとかわりません。既設の温水ロードヒーティング式融雪システムの熱源機をMELSNOWシリーズに置き換えるだけのカンタンさ。ヒートポンプ式だから、経済的にもすぐれたシステムです。

MELSNOWシリーズ ロードヒーティング設置部

既設のボイラーのみを交換するだけです。※

  • ※ロードヒーティングに使用されているパイプが13Aの架橋ポリエチレン管にて、分岐1回路あたり融雪面積10m²以下、配管長90m以下、 総配管長300m以下で設置されている場合となります。
  • ※電気工事が必要な場合があります。
  • ※防錆循環液(ブライン)は、当社純正品をご使用ください。

ロードヒーティングの融雪可能面積

初代(MUSM-60AS)は2007年7月に発売を開始。MELSNOWの性能をさらに引き出せるよう、各地でフィールドテストを重ねてきました。60m/回路工法の採用により、融雪面積を拡大できる地域が広がりました。〈BS・BGS共通〉

60m/回路工法での融雪可能面積

システムイメージ

日本海側の豪雪地帯にはMUSM-60BGSがオススメ

豪雪で湿雪などの条件が重なる東北以南にはユニットの凍結対策をさらに強化したMUSM-60BGSがあります。

こだわりの機能と仕様 〈BS・BGS 共通〉

霜取り後運転停止 こだわり仕様

屋根融雪もあります

メンテナンスも、ほとんど必要なし。

メンテナンス 簡単操作 ランニングコスト