ここから本文

三菱ルームエアコン

まずはココから
エアコン選びのポイント

お部屋の種類に合わせたエアコン選び

エアコン選びはお部屋の広さだけでなく、LDK・リビングや寝室などお部屋に適した機能を考慮することで、より快適にお過ごしいただけます。それぞれお部屋の特徴にあったエアコンを選ぶことは省エネにもつながります。

LDK・リビング

最もエアコンを長く稼働させるお部屋には省エネ性能が高いモデルがお勧めです。また広いお部屋ほど、人の居る場所を中心に空調してムダを抑制したり、体感温度に合わせて効率的に気流をコントロールすることで、快適な環境を整えることができます。

寝室

ぐっすり休みたい寝室には、エアコンが就寝中の体の動きや体感温度を検知して冷房と送風をコントロールする機能がおすすめです。

お子さんのお部屋

お子さんの部屋にもエアコンを設置することで快適に、勉強にも集中できます。また、うっかり消し忘れても自動でエアコンがオフになる機能がおすすめです。

ご高齢者のお部屋

お部屋の高い位置にあるエアコンのおそうじは大変なので、エアコン内部を自動で清潔に保ってくれる機能がおすすめです。また、シンプルで見やすく、操作の簡単なリモコンもおすすめです。

お部屋の広さに応じた適正容量

①お部屋に適正な容量とは?

実際の広さよりも小容量のエアコンを選んでしまうと、最大能力での運転時間が長くなってしまい、かえって消費電力が増えてしまう恐れがあります。お部屋のサイズに適正容量のエアコンなら、早く快適になって消費電力も少なくて済みます。

例:18畳のお部屋を暖房する場合

②お住まいの工法を確認してください

同じ12畳でも、木造住宅でしたら18畳用(5.6kW)をおすすめします。

③冷暖房負荷の高いお部屋は、1~2クラス上の容量をおすすめします

天井の高いお部屋、西向き窓のお部屋など冷暖房負荷の高い空間には、同じ12畳でも14畳用をおすすめします。