ここから本文

三菱ルームエアコン

  • 雪が降っても気づかないのは、未来を先読みして温めているから。
  • 1人ひとりにあわせて風を送るから、暑がりさんも寒がりさんも同時に快適。
  • 中までらくらくお掃除できるから、エアコンも、お部屋の空気も、いつでも清潔。
  • FZシリーズ
  • Zシリーズ

ちょっと未来の体感温度変化を予測して、暑がりさんも寒がりさんもずっと快適に。

  • 雪が降っても気づかないのは、未来を先読みして温めているから。
  • 1人ひとりにあわせて風を送るから、暑がりさんも寒がりさんも同時に快適。
  • 中までらくらくお掃除できるから、エアコンも、お部屋の空気も、いつでも清潔。

(写真・イラストはすべてイメージです)

世界初。360°センシングで、住宅性能まで分析して、ちょっと未来の体感温度を予測するエアコン。

1人として、同じ温冷感の人がいないように、1軒として、同じ性能の住宅はありません。断熱性や気密性、立地や間取りの違いで住宅の個性は様々。決められたアルゴリズムでは、正確な温度変化の予測は難しかったのです。そこで霧ヶ峰は、住宅性能を分析することで、外気や日射などの環境変動の影響を予測するAIを新搭載。暑い・寒いを感じる前に先回りして空調することで、快適がずっと続くだけでなく、省エネ性も進化させることに成功しました。
それはまるで、あなたの住宅専用のエアコン。最先端テクノロジーから生まれた霧ヶ峰が、かつてない快適と省エネを。

ここでいう住宅性能とは、室温調節に関わる性能(断熱性、気密性、広さを総合的に判断したもの)を指します。

[センサーで快適・省エネ]雪が降っても気づかないのは、未来を先読みして温めているから。

先読み運転

温度変化を予測して、ずっと快適。

今までは

快適と思っていてもいつの間にか、ちょっと肌寒く感じることも。
それは、外気温の変化などによる室温の変化に、
エアコンが後から対応をしていたから。

外部環境の変化を先読みして運転
これからは
  1. 1窓などからの外気温や日射量低下の影響で、室温が変化する前に先読みして運転。体感温度の低下を防ぐからずっと快適。
  2. 2小さな熱源の影響で、近くにいる人の体感温度が変化する前に先読みして運転。体感温度の上昇を防ぐからずっと快適。

先読み運転で、暖めすぎ、  冷やしすぎがないから省エネ 。

小さな熱源の影響を先読みして運転

ムーブアイmirA.I(ミライ)1人ひとりのちょっと未来の体感温度を予測

高精度赤外線センサーが、人とお部屋を見つめて体感温度を測ります。さらに、AI ※2が日々の運転の中で住宅の暖まりやすさ、冷えやすさを分析したうえで、外気温・日射熱の変化や、小さな熱源の影響を判断し先読み運転します。

360°センシング

  • ※2:人の温冷感・住宅性能(室温に影響する性能)・日射熱影響に基づく体感温度変化を予測する技術を「AI」と定義しています。
  • ※3:ここでいう住宅性能とは、室温に影響する性能(断熱性、気密性、広さを総合的に判断したもの)を指します。
  • 「ムーブアイmirA.I.」は、室内機の直下近傍を見ることができません。犬や猫などは検知しません。人の動き・状態、室内環境により正しく検知できないことがあります。当社独自の指標で暑い・寒いという温度の感じ方を見分けます。体質を見分けるわけではありません。
  • ※1:2018年度モデルFZシリーズ6.3kWクラス。暖房時、当社環境試験室(20畳)において、外気温と日射負荷は当社が独自に想定した冬期をモデルとし変動・設定温度23℃で運転した場合。設定温度到達後4時間における「先読み」切(1,115Wh)と「先読み」入(1,049Wh)の積算消費電力量比較。設置環境、使用状況により効果は異なります。

[センサーで快適・省エネ]1人ひとりにあわせて風を送るから、暑がりさんも寒がりさんも同時に快適。

パーソナルツインフロー[FZシリーズ]

2 つのプロペラファンが2 つの温度帯を創り出す。

左右独立駆動のファンで、1人ひとりの温度の感じ方の差や変化にあわせて、気流の強弱と方向を細かくコントロール。足元温度差最大約5℃※4なので、暑がりさんも寒がりさんも、2人同時に快適がかないます。

自動風あて・風よけ[FZシリーズ][Zシリーズ]

「風あて」「風よけ」で   2人同時に快適。

十分温まっている旦那さんには「風よけ」、寒いと感じている奥さんには「風あて」で温めます。

ムーブアイmirA.I.
(写真はFZシリーズ)
手の表面温度イメージ

暑い・寒いの感覚は、手先足先の温度変化を見れば分かる。

人の体は、暑いときも寒いときも、体の中心部の温度を一定に保とうとします。たとえば、寒いときは手先などの末端部から体の中心部へ血液を集めます。そのとき手足の表面温度が下がるのです。この温度変化が家族1人ひとりで違うから、暑さ・寒さの感じ方も異なるのです。

J.Aschoff und R.Wever : Kern und Schale im Wärmehaushalt des Menschen Naturwissenschaften 45, 477-485(1958)の「アショフのコア, シェル概念図 身体の中核部と外郭部」を参照。

  • ※4:2018年度モデル FZシリーズ6.3kWクラス。暖房時、当社環境試験室(20畳)において、外気温7℃・設定温度23℃で温度の感じ方が異なる人が同一空間に2人いる場合の各々付近の足元温度差5.0℃。使用環境により効果が異なります。

[清潔]中までらくらくお掃除できるから、エアコンも、お部屋の空気も、いつでも清潔。

エアコンのお手入れで高所に上がる場合は、安全に十分ご留意ください。

[はずせるボディ]左右のフラップを開いて通風路の中まで清潔に。

前面パネルやフラップなど、外観パーツは取り外してお手入れできます。
さらに、Zシリーズは左右風向フラップの開閉が可能なので、通風路の
中まで手が届いてファンのお掃除もかんたん。

NEW 三菱だけ

しかも「フィルターおそうじメカ」を取り外せる新機能により、
熱交換器を露出させてお掃除できます。
また、フィルターのお手入れもらくらく。


写真はZシリーズにおけるお掃除の様子

[ピュアミスト]電気を帯びたミストが菌も 、ウイルスも、カビ菌も、抑制して、脱臭。

空気中の水分に高電圧をかけて、水のミスト(微粒子)を発生させます。
電気を帯びた粒子が長時間(10分以上)浮遊し、菌※5やウイルス※6
付着し活動を抑制します。

(25m³密閉空間での試験結果。〈菌:8.5時間後、ウイルス:158分後、
カビ菌:165分後〉実使用空間での実証結果ではありません)

「ピュアミスト」発生条件:室温約18℃~
約30℃、かつ室内湿度約35%~約90%。

ピュアミストは保湿効果も。

保湿で美肌&美髪。

  • ※5:試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター、試験方法:25m³の密閉空間に菌を噴霧し、エアコンを稼働しながら「ピュアミスト」を放出。一定時間後に試験空間内の空気を回収し、空間中の浮遊菌数を測定。試験番号:15104819号 対象:浮遊した菌 試験結果:8.5時間後の浮遊菌回収率は「ピュアミスト」を放出しない場合に比べ、99%以上低減、1種類の菌にて試験を実施。
  • ※6:試験機関:独立行政法人 国立病院機構 仙台医療センター 臨床研究部ウイルスセンター、試験方法:25m³の密閉空間にウイルスを噴霧し、そこに「ピュアミスト」を放出。一定時間後に試験空間内の空気を回収し、その中にいるウイルスをプラ-ク法で測定。 試験番号:仙医ウ28‐003号 対象:浮遊したウイルス 試験結果:158分後のウイルス回収率は、「ピュアミスト」を放出しない場合に比べ、99%以上低減、1種類のウイルスにて試験を実施。
  • ※7:試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター、試験方法:25m³の密閉空間に菌を噴霧し、エアコンを稼働しながら「ピュアミスト」を設定。一定時間後に試験空間内の空気を回収し、空間中の浮遊菌数を測定。試験番号:15076914号 対象:浮遊したカビ 試験結果:165分後の浮遊菌回収率は、「ピュアミスト」を設定しない場合に比べ、99%以上低減、1種類のカビにて試験を実施。
  • ※8:当社環境試験室(8畳)において、室温23℃、室内湿度40%、東北大学大学院医学系研究科 皮膚科学講座 菊地克子先生監修の下、送風運転時の風を当てた場合と、風をよけて「ピュアミスト」を発生させた場合を比較。運転30分後の前腕部水分量変化率(20~40代の女性14名の平均値)。
  • ※9:試験方法:当社環境試験室(8畳)において、室温24℃、室内湿度40%。毛髪束をエアコンから3mの場所につるして、「ピュアミスト」を2時間放出後に測定、うねりがないことを確認(当社調べ)。
  • ※10:鱗屑(りんせつ)は、角層が過剰に厚くなって、はがれたり、はがれかかっている状態のことです。角層表面に含まれる水分量が低下することで、角質がはがれ、鱗屑(りんせつ)ができます。

FZシリーズ 2018 New Model

2017Modelはこちら

パーソナルツインフローで、省エネも快適も。
プレミアム次世代モデル。

世界初、「ムーブアイmirA.I.」がちょっと未来の暑く感じる・寒く感じるを予測。

  • 「ムーブアイmirA.I.」がお部屋を360°くまなくセンシングし、取得した様々なデータを時系列に分析することで、住宅により異なる住宅性能(室温に影響する性能)を判定
  • 外気温・窓などが、1人ひとりの温度の感じ方に与える影響を分析し、ちょっと未来の体感温度変化(暑く感じる・寒く感じる)を予測
  • ここでいう住宅性能とは、室温に影響する性能(断熱性、気密性、広さを総合的に判断したもの)を指します。

先読み運転で体感温度変化を抑制し快適、さらに省エネ。

  • 分析・予測に基づく先読み運転で、体感温度変化を抑制して快適、さらに省エネ
  • ※1:2018年度モデルFZシリーズ6.3kWクラス。暖房時、当社環境試験室(20畳)において、外気温と日射負荷は当社が独自に想定した冬期をモデルとし変動・設定温度23℃で運転した場合。設定温度到達後4時間における「先読み運転」切(1,115Wh)と「先読み運転」入(1,049Wh)の積算消費電力量比較。設置環境、使用状況により効果は異なります。

世界初、「Active Switch Compressor」でハイパワーと高効率化を両立。

  • 2種類のDCモーター結線をもつ「Active Switch Compressor」を搭載し、お部屋をすばやく快適にする「ハイパワー」運転時、設定温度到達後の安定運転時ともに高効率化を実現

ラインアップ(全クラス200V)

  • 4.0kWクラス
  • 5.6kWクラス
  • 6.3kWクラス
  • 7.1kWクラス
  • 8.0kWクラス
  • 9.0kWクラス

寸法

室内機 全クラス共通 H285×W890×D358(据付後363)mm
室外機 全クラス共通 H802×W840(+62)×D320(+56)mm
  • 室内機寸法中、( )内の寸法は、据付板を付けたときの寸法です。
  • 室外機寸法中、( )内の寸法は、サービスパネルおよび脚部の突出し寸法です。

Zシリーズ  2018 New Model

2017Modelはこちら

1人ひとりの温度の感じ方を見分けるハイスペックモデル

世界初、「ムーブアイmirA.I.」がちょっと未来の暑く感じる・寒く感じるを予測。

  • 「ムーブアイmirA.I.」がお部屋を360°くまなくセンシングし、取得した様々なデータを時系列に分析することで、住宅により異なる住宅性能(室温に影響する性能)を判定
  • 外気温・窓などが、1人ひとりの温度の感じ方に与える影響を分析し、ちょっと未来の体感温度変化(暑く感じる・寒く感じる)を予測
  • ここでいう住宅性能とは、室温に影響する性能(断熱性、気密性、広さを総合的に判断したもの)を指します。

先読み運転で体感温度変化を抑制し快適。

  • 分析・予測に基づく先読み運転で、体感温度変化を抑制して快適

はずせるボディ(フィルターおそうじメカ)

  • 前面パネルや左右風向フラップの開閉ができる「はずせるボディ」が「フィルターおそうじメカ」も取り外せるようになり、熱交換器を露出させてのお掃除が可能に

ラインアップ

  • 2.2kWクラス(100V)
  • 2.5kWクラス(100V)
  • 2.8kWクラス(100V・200V)
  • 3.6kWクラス(100V・200V)
  • 4.0kWクラス(200V)
  • 5.6kWクラス(200V)
  • 6.3kWクラス(200V)
  • 7.1kWクラス(200V)
  • 8.0kWクラス(200V)
  • 9.0kWクラス(200V)

寸法

室内機 全クラス共通 H295×W799×D385(据付後390)mm
室外機 2.2kWクラス/2.5kWクラス/2.8kWクラス/
3.6kWクラス(100V)
H550×W800(+62)×D285(+59.5)mm
3.6kWクラス(200V)/4.0kWクラス/ H630×W800(+62)×D285(+59.5)mm
5.6kWクラス/6.3kWクラス
7.1kWクラス/8.0kWクラス/9.0kWクラス
H714×W800(+62)×D285(+59.5)mm
  • 室内機寸法中、( )内の寸法は、据付板を付けたときの寸法です。
  • 室外機寸法中、( )内の寸法は、サービスパネルおよび脚部の突出し寸法です。