ここから本文

三菱ルームエアコン

世界初。 2つのプロペラファンが人それぞれにあった快適を創り出す。

霧ヶ峰ADVANCE

多様化する生活スタイルにマッチした、
一人ひとりに合わせた快適を創り出す新時代のエアコンへ

The Next Standard

エアコンのスタンダードは、いつも霧ヶ峰から。

あなたを、日本を、もっと快適にするために。
1954年に三菱電機で初めてエアコンの生産が開始され、
さらに、1967年には霧ヶ峰が誕生。かつてない快適をつぎつぎと生み出してきました。
そして1968年。(家庭用エアコンにおいて)世界初※1「ラインフローファン」を搭載したエアコンを開発。
当時の日本の住宅事情に合わせて軽量化・薄形化することで
世の中に一層エアコンを普及させ、ルームエアコンのスタンダードとなりました。
それから、約半世紀。多様化する住環境や生活スタイルにマッチするため、
新たなるエアコンの歴史が、霧ヶ峰から始まります。
2015年秋、霧ヶ峰ADVANCE、誕生。
(家庭用エアコン室内機において)世界初※2「パーソナルツインフロー」を搭載したそのエアコンは、
部屋にいる家族一人ひとりに合わせた快適を創り出す、まさに新時代のエアコン。
さぁ、かつてない快適へ。霧ヶ峰から。

※1 2015年8月25日現在。当社調べ。 ※2 2015年8月25日現在。当社調べ。左右独立駆動プロペラファン搭載。

1968

(家庭用エアコンにおいて)世界初「ラインフローファン」をエアコンに搭載。 日本の住宅事情に合った軽量・薄形の形状で、世の中にエアコンを普及させました。

※2015年8月25日現在。当社調べ。

2015

(家庭用エアコン室内機において)世界初「パーソナルツインフロー」をエアコンに搭載。多様化する生活スタイルにマッチした、一人ひとりに合わせた快適を創り出す新時代のエアコンへ。

※2015年8月25日現在。当社調べ。左右独立駆動プロペラファン搭載。

2つのファンで、家族一人ひとりの快適を創り出す。

ひとつのファンで風を制御する従来のエアコンでは、パーソナルな快適をかなえるのに限界がありました。そこで霧ヶ峰は、約半世紀ぶりに風の作り方から一新。(家庭用エアコン室内機において)世界初となる左右独立駆動の「パーソナルツインフロー」を新開発しました。2つのファンで家族一人ひとりを快適に、さぁ、霧ヶ峰から、かつてない快適へ。

※2015年8月25日現在。当社調べ。左右独立駆動プロペラファン搭載。

温度の感じ方の違いまで検知する
進化したムーブアイ極。

同じ室温なのに、暑いと感じる人もいれば、寒いと感じる人もいるように。 室温をコントロールするだけでは、たどりつけない快適があるのです。そこで霧ヶ峰は、独自の高精細サーモカメラ「ムーブアイ極」をさらに進化させました。従来の4倍の解像度(2015年度モデル霧ヶ峰Zシリーズとの比較)を実現し、人の手先・足先など細部までの温度変化を見つけることで、暑い寒いというあなたの温度の感じ方まで見分けて風をお届け。一人ひとりにぴったりの快適をかなえます。

革新的な技術で、快適も、省エネも、次のステージへ。

高効率の2つのファンで、異なる気流を創出。

世界初※1。左右独立駆動の「パーソナルツインフロー」

(家庭用エアコン室内機について)

送風音を抑制し、大風量を実現。

プロペラ形状のファンを新搭載。

小型化・高出力・高効率を実現。

独自開発の新ファンモーター

構造を一新し、最高峰の省エネ※3を実現

(国内家庭用エアコンにおいて。MSZ-FZ5616S/FZV5616S。期間消費電力量:1558kWh。)

熱交換器の形状変更&搭載量UP

「パーソナルツインフロー」搭載により室内機熱交換器形状をW字型に一新し、省エネ性を向上。

※1 2015年8月25日現在。当社調べ。
※2 風量18m3/min時、従来ラインフローファン搭載機種とパーソナルツインフロー搭載機種の消費電力比較。MSZ-ZW565S:47.9W。MSZ-FZ5616S:32.8W。
※3 2015年8月25日現在。

機能詳細ページはこちら

上質な空間を創る端正なデザイン。


ADVANCE

ラインアップ

4.0kWタイプ

5.6kWタイプ

6.3kWタイプ

7.1kWタイプ

8.0kWタイプ

9.0kWタイプ

仕様

室内ユニット寸法

H285×W890×D358(据付後363)mm

室外ユニット寸法

H714×W800(+62)×D285(+59.5)mm

・室内ユニット寸法中()内の寸法は、据付板をつけたときの寸法です。
・室外ユニット寸法中()内の寸法は、サービスパネルおよび脚部の突出し寸法です。

家族一人ひとり快適なリビングのつくり方 暑がりさんにも寒がりさんにも