ここから本文

三菱ルームエアコン

Zシリーズ

様々な暮らしに調和する、
充実の機能を、この1台に。

Zシリーズ

ウェーブホワイト(W形)●マンセルNo.6.5Y 9.2/0.3
室内ユニット:高さ295×幅799×奥行375(380)mm

ウェーブブラウン(T形)●マンセルNo.0.2Y 7.2/1.1

NEW家族みんなをみまもる霧ヶ峰

大人よりも暑がりな子どもには、子ども空調。

みまもり空調(お客様による設定が必要です)

子どもの体格(身長や体型)、姿勢や温度の感じ方にあわせた制御と気流を実現。お母さんとお子さん、それぞれにあわせて快適にします。進化した「ムーブアイ極」は、大人か子どもかを見分けます。それにより、従来のエアコンでは、風が当たりすぎたり、届かなかったりしたお子さんにあわせた新しい気流を実現しました。

大人がいる場合は、左右に独立した「匠フラップ」により、大人と子どもを同時に吹分け。状況によっては、気流の角度調整を行わないことがあります。

神奈川県横浜市
小谷クリニック

内科・小児科部長
武井 智昭先生

子どもたちの快適な生活のカギは、送風コントロール。

子どもは成人と比べて代謝が高いため体温も高く暑がりです。このため、夏季の適切な温度管理は成人が27℃~28℃であるのに対して、子どもは26℃以下が推奨されており、温度・湿度を適切に管理することが大切です。また、冷気・暖気が過度に直接からだに当たると、温度差や湿度差により健康面での様々な影響も懸念されます。子どもにあわせて適切に送風をコントロールすることは、快適な生活のカギといえます。

【プロフィール】

プライマリケア認定医。日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒業。様々な病院・クリニックで小児科医・内科としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市の小谷クリニックにて内科と小児科(訪問診療部)部長を務める。感染症・アレルギー疾患、呼吸器疾患、予防医学などを得意とし、0歳から100歳まで「1世紀を診療する医師」として研鑽を積んでいる。

高温みまもり低温みまもり
(お客様による設定が必要です)

運転停止中にエアコンがお部屋の温度を見はり、高温状態(28℃以上)になると自動で冷房。低温状態(10℃以下)になると自動で暖房運転を開始します。

**人の不在時でも、運転を開始することがあります。

カビガード(お客様による設定が必要です)

運転停止中にカビの発生しやすさを温度・湿度から自動で算出。効果的なタイミングに自動でカビクリーンシャワーを行い、エアコン内部(熱交換器/ファン/通風路)の清潔性を保ちます。

●オフシーズン中に付着してしまったカビを取り除く機能ではありません。●わずかにオゾンが発生※3するため、ニオイを感じることがあります。●カビクリーンシャワーはエアコン内部を乾燥させるため、最大10分間の弱暖房運転を行います。そのため、お部屋の温度が2℃~3℃上がることや、お部屋の湿度が上がることがあります。

  • 室内ユニット寸法中( )内の寸法は、据付板を付けたときの寸法です。
  • ※1:別売部品のご購入・専門業者による専用工事およびお客様による設定が必要です。なお、スマートフォン用無線LANアダプターとHEMS用無線LANアダプターは併用できません。スマートフォンから運転モードの「自動」を選択できません。
  • ※2:試験機関:一般財団法人 北里環境科学センター 試験番号 北生発 21-0056号 黒カビを植えつけた試験片をエアコン内部に設置して、実機にて28日間冷房運転を断続的に実施。「カビクリーンシャワー」の有無によりカビ胞子数の差異を測定。99%以上の低減率を確認。
  • ※3:エアコン内部のオゾン濃度0.1ppm。