ここから本文

まずはココから
省エネ・長寿命

任せて!省エネ

家庭における電気使用量で、「照明」は「冷蔵庫」に次ぐ第2位です(※)。ひとつひとつは小さくても、家庭にはたくさんの照明があるため、電気使用量は全体として大きくなるのです。

それならば、照明には大きな節電効果を生む可能性があるのだ、と思いませんか。

こまめに電気を消す、なども大切ですが、電球や器具を省エネ効果のすぐれたものに交換するだけで、節電とCO2の削減につながります。

LED電球の最も期待されている特長は、「低消費電力」、つまり「省エネ」です。白熱電球(一般電球)と比べて、LED電球の消費電力は約1/4~1/6。一般に約80%の節電になるとされており、白熱電球からLED電球へ交換すると電気代もかなりおトクになります。

【出典】
経済産業省 総合エネルギー調査会 省エネルギー基準部会(第17回資料)。「トップランナー基準の現状等について」(平成23年12月26日)をもとに環境省作成。資源エネルギー庁平成21年度民生部門エネルギー消費実態調査(有効回答10,040件)および機器の使用に関する補足調査(1,448件)より日本エネルギー経済研究所が試算。

長持ちなんです!

また、寿命の面からみると、約1,000時間である白熱電球に対し、LED電球は40,000時間(ミラー付ハロゲンランプ形、演出・装飾タイプ除く)。つまり40倍と非常に長寿命です。

白熱電球を40回取り替える間、一度も取り替えなくて済む、と考えてみると、LED電球は本当に長持ちですよね。寿命が長いと取り替える手間を減らせるのはもちろん、買い置きの心配もなくなります。