ここから本文

まずはココから

オーブンレンジに備わっている「レンジ」「グリル」「オーブン」の3つの機能は、それぞれ加熱方法も役割も異なります。しかし、それぞれの違いについては、実はあまり知らない、という方も多いのではないでしょうか。
それぞれの特徴をふまえて使い分けることで、手軽においしく幅広い料理を作ることができます。

オーブンレンジの各機能と特徴

機能 加熱方法 効果 主な用途 こんな場合が…
レンジ
マイクロ波によって、食材の水分子を摩擦させ、熱を発生し、食材を加熱
食材の中まで素早く加熱 食材の温めや下ごしらえなどに 食材をカリッと仕上げることが難しく、しんなりしてしまう
グリル
食材の表面をヒーターで直接加熱
食材表面に素早く焦げ目をつけ、カリッと仕上げる グラタン、焼き魚など、表面を焼く料理 厚みのある食材の場合、表面は焦げても、中は十分に加熱されない場合がある
オーブン
庫内の空気を加熱し、温度を一定に保つことで食材を包み込んで加熱
食材の周囲からまんべんなく、じんわりと加熱 ローストビーフ、ケーキ、パンなどの焼き物 庫内が大きいほど、予熱や調理に時間がかかり、食材の中まで火が通る頃には表面が焼けすぎてしまう場合がある

機能を組み合わせて、おいしく時短

メニューによっては、複数の機能を組み合わせて使うことで、時短につながる場合があります。例えば、通常「オーブン」を使ってじっくり焼き上げるローストポークも、はじめに「レンジ」で食材の中まで加熱してから、「グリル」で表面を焼き調理時間を短縮しながら、外はこんがり、中はジューシーに仕上げます。
ただし、各機能でどれくらい加熱したらよいかという判断は難しく、操作も面倒です。
最近では、機能を組み合わせて、しかも簡単に操作できるタイプも登場しています。

三菱の特長はこちら