ここから本文

まずはココから各部屋の温度帯と役割

食品や保存する目的に合わせて、最適な温度できめ細かく温度管理を行うことが、食品の鮮度を長く保つための基本ですが、どのような食品をどの部屋で保存するのが良いのか悩んでしまうこともありますよね。
ここでは、意外と知られていない、冷蔵庫の各部屋の温度帯と役割、保存に適した食品などをご紹介します。

位置 温度帯 役割 保存に適した食品
約3℃ すぐに使うもの
一般的に、冷蔵庫の中で最もよく使う部屋で、すぐに使う食品や飲み物などを保存します。
  • 一般的なお惣菜・食材
  • 豆腐・こんにゃく
  • 飲料
    など
約0℃ すぐ使うもの(生鮮食品や乳製品など)
冷蔵室より低めの温度(食品が凍る寸前の温度)で保存するため、より鮮度を長く保つことができます。
  • チーズ
  • かまぼこ・ちくわ
  • ハム・ソーセージ
  • 肉・魚
    など
約-18℃ 長期保存したいもの
マイナスの温度帯で凍らせるので、食品の長期保存ができます。
冷蔵庫によって、冷凍室の位置は異なります。また、冷凍室が複数あるタイプや、独自の冷凍機能がついたタイプなどもあります。
  • 肉・魚
  • 冷凍食品
  • アイスクリーム
    など
約-18℃
製氷室が独立しているタイプは自動製氷が一般的。製氷室としてではなく、冷凍室や、冷気をセーブして使用することが可能なタイプもあります。
約6℃ 野菜類
冷蔵室より高い温度で保存します。野菜や果物は特に鮮度維持が難しいため、野菜室に入れることをおすすめします。
冷蔵庫によって、野菜室の位置は異なります。
  • 野菜・果物
  • 飲料
    など
メーカーや機種ごとに、各部屋の位置、温度帯、詳細機能などは異なります。
詳しくは、各メーカーのウェブサイトやカタログでご確認ください。