ここから本文

たっぷり入るのにスマート

※このページはMR-WX71Yを中心にご説明しています。

たっぷり入るのにスマート。大容量と置きやすい幅を両立。

「置けるスマート大容量」シリーズでは、「薄型断熱構造SMART CUBE」の採用により、大容量なのにスリムな幅を実現。諦めていた大容量が置きやすく、限られたキッチンスペースが有効活用できます。

同幅の10年前の冷蔵庫と比べると、なんと160Lも増量!

2005年度当社従来品 MR-W55H(545L)幅800×高さ1,809×奥行694mmと、MR-WX71Y(705L)幅800×高さ1,821×奥行738mmとの比較。

同幅の10年前の冷蔵庫と比べると、なんと157Lも増量!

2005年度当社従来品 MR-G45J(448L)幅685×高さ1,798×奥行699mmと、MR-WX61Y(605L)幅685×高さ1,821×奥行738mmとの比較。

以下のコンテンツでは、ご自宅の冷蔵庫スペースの幅を入力すると、設置可能な冷蔵庫と容量をご確認いただくことができます。
例えば、設置幅が695mmあれば、本体幅685mmでたっぷり大容量605Lが置けちゃいます。

今のスペースに置ける!大容量冷蔵庫診断 ご自宅の冷蔵庫設置スペースを入力していただくと、設置可能な商品をピックアップします。

容量400L以上の三菱冷蔵庫のみ検索対象となります。
冷蔵庫設置スペースの幅は、最小で製品左右の側面から5mmの放熱スペースが必要です。検索結果は、それら最小設置スペースを加味して表示しております。

大容量なのにスマートな理由とは?

外部からの熱侵入を防ぐため、冷蔵庫の外壁の内側はウレタンと真空断熱材で覆われています。
三菱電機が開発した「薄型断熱構造SMART CUBE」は、断熱性能を保ちながら扉や外壁等の薄型化を実現。独自のウレタン発泡技術によってウレタン部分を薄くするとともに、断熱性能の高い真空断熱材を効率的に配置することで、設置幅や高さを抑えながら容量アップと高い省エネ性能を両立しました。

薄型断熱構造 SMART CUBE MR-WX71Yイメージ図※

従来より狭いスペースへ均一にウレタンを充填する独自の技術で、断熱材を薄型化。

天面と床面の形状に合わせ、真空断熱材を立体成形。熱侵入を防ぎ、省エネ性能を向上。

機種により、真空断熱材の使用箇所や形状、使用枚数は異なります。