ここから本文

EV用パワーコンディショナ SMART V2H EVに電気を蓄えて、家庭で使う。先進のV2Hシステムがここに。

製品仕様

EVP-SS60B3シリーズ

商品名 EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」
形名 EVP-SS60B3-M7 EVP-SS60B3-Y7 EVP-SS60B3-Y7W
充電ケーブル長さ 7.0m
希望小売価格(税別) 1,690,000円 1,690,000円 1,790,000円
外形図
設置場所 屋外※1(ビルトイン駐車場を含む)
保護等級 IP45※2
使用温度範囲 -20~+40℃※3
EV側電圧範囲 DC150~440V
AC側定格電圧、周波数(連系運転時) AC202V、50/60Hz
AC側定格電圧、周波数(自立運転時) AC202/101V、50/60Hz
AC側定格電力(連系運転時) 6.0kW
AC側定格電力(自立運転時) 6.0kVA(片相100V最大:5.0kVA)※4
最大電力変換効率 90%※5
運転時騒音 45dB※6
電気方式(連系運転時) 単相2線式(単相3線式配電線に接続)
電気方式(自立運転時) 単相3線式
保護機能 連系保護 OV(過電圧)、UV(不足電圧)、OF(周波数上昇)、UF(周波数低下)、RP(逆電力)
単独運転検出方式 受動的方式、能動的方式
質量 158kg
外形寸法(W×D×H)※7

842×451×1219mm

本体同梱リモコン
(屋内使用)


外形寸法(W×D×H):180×30×120mm
付属品:取付板、取付ネジ、ケーブル20m

EVP-SS60Bシリーズ

商品名 EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」
形名 EVP-SS60B-M7 EVP-SS60B-Y7 EVP-SS60B-Y7W
充電ケーブル長さ 7.0m
希望小売価格(税別) 1,490,000円 1,490,000円 1,590,000円
外形図
設置場所 屋外※1(ビルトイン駐車場を含む)
保護等級 IP45※2
使用温度範囲 -10~+40℃※3
EV側電圧範囲 DC150~440V
AC側定格電圧、周波数(連系運転時) AC202V、50/60Hz
AC側定格電圧、周波数(自立運転時) AC202/101V、50/60Hz
AC側定格電力(連系運転時) 6.0kW
AC側定格電力(自立運転時) 6.0kVA(片相100V集中負荷時:5.0kVA)
最大電力変換効率 90%※5
運転時騒音 45dB※6
電気方式(連系運転時) 単相2線式(単相3線式配電線に接続)
電気方式(自立運転時) 単相3線式
保護機能 連系保護 OV(過電圧)、UV(不足電圧)、OF(周波数上昇)、UF(周波数低下)、RP(逆電力)
単独運転検出方式 受動的方式、能動的方式
質量 158kg
外形寸法(W×D×H)※7

841×450×1218mm

本体同梱リモコン
(屋内使用)


外形寸法(W×D×H):180×30×120mm
付属品:取付板、取付ネジ、ケーブル20m

  • ※1直射日光があたる場所は避けてください。設置不可の場所については施工上の注意の「次のところには設置できません。」をご参照ください。
  • ※2JISC0920で規程する防塵防水に関する保護等級を示しています。いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない防噴流形であることを示すものであり、故障や破損が一切生じないことを保障するものではありません。
  • ※3ご使用の環境及び負荷により出力を制限する場合があります。EVP-SS60B3シリーズの場合、外気温が-20℃以下では保護機能が動作するため運転停止します。保護機能は-15℃(目安)以上になると解除されます。
  • ※4各相のご使用電力差が4kVAを超えると運転を停止する場合があります。
  • ※5車両への充電および車両からの放電には直流・交流の電力変換による電力損失が発生します。電力変換効率はEV用パワーコンディショナの運転モード、EVの駆動用蓄電池の電圧やご使用の環境などによって変化します。また、EV用パワーコンディショナは待機時も電力を消費しています。
  • ※6JISC1509‐1で規程するA特性サウンドレベルを示します。製品正面中央1m、高さ1mでの測定値です。運転音は反響の少ない無響音室で測定した数値です。
  • ※7本体背面突起物、取付足部含む。

オプション(別売)

鍵付ケーブルカバー

形名:EVP-BC02
外形寸法(W×D×H):113×350×1119mm
希望小売価格(税別):60,000円

リモコンケーブル50m

形名:EVP-BK50
希望小売価格(税別):45,000円

リモコンケーブル20m*

形名:EVP-BK20
希望小売価格(税別):30,000円

*本体に同梱されています。本体設置工事よりも前に先行配線用として必要な場合にご購入ください。

電流センサー(CT)
接続用ケーブル25m(Y7W)*


形名:EVP-BT25
希望小売価格(税別):50,000円

*本体に同梱されています。本体設置工事よりも前に先行配線用として必要な場合にご購入ください。

  • 「SMART V2H」は電気代の節約を通じて、製品価格や工事代の投資回収を保証するものではありません。
  • 「SMART V2H」はUPS(無停電装置)ではありません。電気自動車(EV)からの充放電の切り替え時には、瞬時停電は発生しませんが、商用電力側で瞬時停電が発生した場合は、「SMART V2H」の出力も瞬時停電が発生します。
  • 電力会社との取り決めによりEVに充電した電気を売電することはできません。「SMART V2H」から系統へ逆潮流を防止するために、0.1〜0.2kW程度買電する場合があります。
  • 設置や配線工事は電気設備技術基準や内線規程にしたがって第二種電気工事士の資格を有する販売店・工事店がおこなってください。
  • 人命に直接かかわる人工呼吸器、酸素濃縮装置などの医療機器には接続しないでください。高度な信頼性が要求される設備や機器として使用する場合は、故障に対する保護対策 および安全設計に考慮し適切な処置をおこなってください。万一、これらの設備や機器に使用されたことにより人身事故、火災事故、および損害などが生じた場合、三菱電機は一切の責任を負いかねます。
  • この製品(EVP-SS60B3シリーズ)には、リチウムイオン電池を使用しています。リチウムイオン電池はリサイクル可能な貴重な資源です。ご使用済み製品の廃棄の方法に関してはお住まいの自治体にお問い合わせのうえ、リサイクルにご協力お願いいたします。自治体により、回収のルールが異なります。
  • 「SMART V2H(EVP-SS60Bシリーズ)」を長年安全にご使用いただくため、3年半ごと(設置後)に自立運転時の起動用の鉛蓄電池の交換(有料)が必要になります。また、使用済み鉛蓄電池は廃棄物処理法によりお客様が適切に処理することが求められます。鉛蓄電池の交換費用・廃棄方法については、当社販売会社にご相談ください。
  • 停電時に長時間EVと接続していない場合、リチウムイオン電池または鉛蓄電池が消費して「SMART V2H」が起動しない場合があります。
    詳細は当社販売会社にご確認ください。
  • 「SMART V2H」の補修用性能部品の保有期間は、製造打ち切り後11年です。
  • 「SMART V2H」の充電ケーブルやファンはお客様がご使用になる期間、頻度、環境などの条件により劣化の度合いが異なるため交換(有料)が必要な場合があります。充電ケーブルが劣化した状態で長期間製品を使い続けますと、故障または火災や感電の原因となったり、自動車からはずれなくなるおそれがありますので、交換を実施してください。
  • EVの仕様により、駆動用蓄電池へ充電できる容量や駆動用蓄電池から給電できる容量が制限されます。EVの仕様についてはご購入前に自動車販売店にご確認ください。
  • 「SMART V2H」と接続しているEVは、給電・充電動作を行わない場合でも、駆動用蓄電池から電力を消費します。また、EVを含むリチウムイオン蓄電池の特性として時間の経過や使用状況により使用可能な電力量が減少します。詳しくは自動車販売店にご相談ください。
  • 自立運転時に、EVの充電率が高く宅内負荷が小さい状態で、PVの発電量が大きくなると、PVを停止させる場合があります。
  • 三菱自動車工業株式会社「MiEV(ミーブ)シリーズ」「アウトランダーPHEV」をご使用の場合、EVの駆動用蓄電池の性能維持のため、出来る限り2週間に1回程度は普通充電で満充電にしてください。なお、2週間に1回程度、普通充電で満充電されない場合は、EVの駆動用蓄電池の実容量とリモコンの表示値がずれる場合があります。「SMART V2H」使用時は、急速充電口に接続するため、MiEV(ミーブ)リモート、もしくは三菱リモートコントロール(アウトランダーPHEV)のうちタイマー充電とプレ空調機能はご使用になることができません(普通充電ケーブル接続時のみご使用いただけます)。効率的に「SMART V2H」をご使用いただくため、ある程度の負荷がある状態でのご使用をおすすめします。
    「i‐MiEV(アイ・ミーブ)」の型式HA3W、「MINICAB‐MiEV VAN(ミニキャブ・ミーブバン)」の型式U67Vはソフトウェア改修(有料)が必要となります。「アウトランダーPHEV」はエンジンがかかった状態もしくはイグニッションONの状態では「SMART V2H」による充電・給電はできません。詳細は自動車販売店にお問い合わせください。
  • 日産自動車株式会社「リーフ」「e‐NV200」をご使用の場合、誤動作する場合があるため、EV‐IT機能はご使用になることができません。「リーフ」は車台番号が「ZE0‐」で始まる車両、および車台番号が「AZE0‐050001~053467」で、ソフトウェア改修を実施していない車両は自動車販売店でのソフトウェア改修(有料)が必要となります。詳細は自動車販売店にお問い合わせください。
  • 製品改良のため、仕様・外観は予告なしに変更することがありますのでご了承ください。
  • 印刷物と実物では多少色味が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 本サイトに記載のEVはPHEVも含みます。
  • 「MiEV(ミーブ)」「アウトランダー」は、三菱自動車工業株式会社の登録商標です。
  • 「リーフ」「e‐NV200」は、日産自動車株式会社の登録商標です。
  • 「エネファーム」は、東京ガス株式会社・大阪ガス株式会社・JX日鉱日石エネルギー株式会社の登録商標です。
  • 「エコウィル」は、大阪ガス株式会社の登録商標です。