ここから本文

三菱の特長
かまどにならった大火力と
自然な圧力

「かまど」を追求した理想のカタチ。本・熱密封かまど構造

本・熱密封かまど構造だから、粒立ちが良く、ふっくら炊ける。

かまど炊き 激沸騰

かまどごはんがおいしい理由は、ふきこぼれるほどの火力を持続して炊くことにあります。三菱ジャー炊飯器は、IHと炭による「激沸騰」を絶やさず連続させることで、かまど炊きの味を再現しています。

加熱方式の比較(イメージ図)

密封弁

蒸気口の下の密封弁が開閉することで、熱を封じ込めて、粒立ち良く炊き上げます。

かまどと同じ自然の圧力で炊く

お米本来の持ち味を活かすために、三菱ジャー炊飯器は、かまどと同じ自然な圧力(1.0気圧)で、ごはんをおいしく炊き上げます。

  • ※1登録日 2010年10月22日。連続沸騰を実現する手段となる独自の制御において特許を取得しました。
  • ※2当社2017年度製NJ-AW108と当社従来品(2009年度製NJ‐WS10B)との比較(当社調べ)。