三菱IHジャー炊飯器

三菱IHジャー炊飯器
製品ページへ

お米に関する講座

3つのポイント! おいしいごはんの炊き方講座

スイッチひとつでごはんが炊ける炊飯器。
研ぎ方や計量、浸水時間などの基本を正しく確実に行うことで、ごはんはさらにおいしく炊き上がります。
ここではそのポイントをご紹介します。

お米塾講師

三菱電機ホーム機器
ジャー炊飯器販売促進チーム

松村眞介

いくらお米や炊飯器が良くても、炊飯の基礎知識を知らないと充分にお米の持ち味を引き出すことはできません。研ぎ方が悪いと雑味が残ったり、水加減次第で味が変わったりします。炊飯は繊細な調理です。ぜひ炊飯の基本を マスターし、「最高の一杯」を炊き上げてくださいね。

ポイント1

正確に計量したお米をよく研ぐ

まずはお米の計量から。炊飯器に付属のカップですりきり一杯を正確に量りましょう。ちなみに1合は180ml(重さは150g)となります。 量ったお米は炊飯器の内釜ではなく、ザルに入れてください。ザルの場合は下に水を張ったボウルを置き、一度お米を水にくぐらせ軽くすすいだらザルを上げましょう。お米は水に浸けた瞬間吸水を始めてしまうので、最初の水には長く浸けないこと。そうすることで、お米のまわりについた不純物をお水と共に吸い上げてしまうのを防ぎます。次に新しい水を張ったボウルの上にザルを置き、指を立ててお米をよく研ぎます。これを何度か繰り返すことで糠(ぬか)を落とし、お米の表面の硬い膜にキズをつけて水を吸いやすくしてあげるのです。研ぎ終わったら、ザルから水が垂れなくなるまでしっかり水切りしておきましょう。

ポイント2

ココが肝心! 水加減と浸水時間

研いだお米を炊飯器の内釜に移し、水を加えます。実はこの水加減がもっとも重要。水の量が正確でないと、どんな炊飯器も機能を発揮できません。まず内釜を平らなところに置いて、釜の目盛りぴったりに水面を合わせてください。内釜を回さず、左右両方の目盛りをチェック!調理台など平らに見えるところも微妙に傾いているところが多く、片方の目盛りだけでは正確な水位が確認できない場合があるので注意してください。 水加減が決まったら、内釜を炊飯器にセットし、お米を一定時間水に浸します。ここで十分に吸水させることが、おいしい炊飯の秘訣。夏場なら最低30分、冬は1時間以上浸水させましょう。お米の中までしっかり吸水させることで、炊飯したときに中心部まで熱が伝わり、芯からふっくらした炊き上がりになります。

ポイント3

「ピッ」と鳴ったらすぐかきまぜる

炊飯ボタンを押したら、しばらくは炊飯器におまかせ。でもおいしく食べるためには、もうひと作業あります。それは炊き上がったらすぐ炊飯器のフタを開けて、しゃもじですばやくごはんをかきまぜること。こうすることで余分な水分を飛ばし、炊きムラを均すことができるのです。 ちなみに、炊飯器が「ピッ」となったときにはもう蒸らしも終わっています。そこから15分ぐらい待つ方もいらっしゃるのですが、かきまぜないまま時間がたつとでんぷんが固まってしまうので要注意! 「ピッ」と鳴ったら、すぐかきまぜてください。 また保温する場合は、ごはんを内釜の真ん中に寄せることで、お米の乾燥を防ぐことができます。 以上を実践することで、毎日のごはんがもっとおいしく楽しくなるはずですよ!