こんなときどうすればいいの?被扶養者になれる人>被扶養者からはずすとき


被扶養者からはずすとき

 被扶養者の収入が基準額を超える場合や離婚した場合等、被保険者と生計維持関係がなくなった場合は事由発生後速やかに「被扶養者(異動)届」を提出してください。


●扶養からはずれる条件

収入限度額等の基準については
「被扶養者の認定基準」へ


●扶養削除日

 収入オーバーその他の理由で被扶養者の資格がなくなった場合は、「被扶養者(異動)届」を提出し、健保組合が資格喪失の事実を確認して受理した日が削除日となります。
(ただし、(1)死亡においては死亡日の翌日を削除日とします。また、(2)被扶養者が就職して保険証が発行される場合は、その資格取得日を削除日とします。)
また、後期高齢者に該当した場合は、「後期高齢者該当による喪失届」を提出してください。健保組合が削除の手続を行います。
この場合、75歳の誕生日当日又は65歳〜74歳で寝たきり等一定の障害があると認定を受けた日が削除日となります。


提出書類
健康保険被扶養者(異動)届
後期高齢者該当による喪失届 (※後期高齢者に該当した場合)


添付書類
1.保険証(該当者のもの)
2.就職した場合⇒就職先の健康保険被保険者資格取得日を確認できる書類(保
   険証写し等)
  死亡した場合⇒死亡診断書(写)
  後期高齢者に該当した場合⇒後期高齢者医療被保険者証(写)
  (※65歳〜74歳で障害認定を受けた場合のみ必須、75歳の年齢到達による
   場合は不要)

注意事項

 被扶養者の資格が既になくなっているのにもかかわらず直ちに届出をしなかった場合は、遡って資格が取り消され、場合によっては当該期間にわたって発生した医療費の全額及びその他給付金を過去に遡及し返還しなくてはなりません。




申請書類はこちら

健康保険被扶養者(異動)届

後期高齢者該当による喪失届

書類提出上の注意
A4用紙で必要な書類をプリントアウトして使用してください。(裏紙使用不可)
必ずボールペンで記入してください。
プリントアウト後、自筆署名(必要箇所は捺印)の上提出してください。
書類は健保に直接ではなく、事業所健保窓口(総務・人事部門)に提出してください。
特例退職(記号:700)、任意継続(記号:800)の方は、直接健保へ郵送してください。

※書類を提出する前には、記入もれがないか、添付もれがないか、もう一度ご確認ください。

Acrobat Reader Rogo

●PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R)AcrobatReaderが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。