ここから本文

空調用チリングユニット

空冷ヒートポンプチラー DT-R

コンパクトキューブ DT-R

大容量・高効率を両立した新型モジュールチラー誕生

地球温暖化の進行や建物内部の空調負荷増加により、セントラル熱源に求めらえる能力は増加傾向です。限られたスペースに大容量の熱源機を設置したい、そんなニーズに2015年10月発売予定の高効率・大容量モジュールチラー「空冷ヒートポンプチラー DT-R」がお応えします。

製品の特長

  • 1:省設置面積で大容量
    • 60HPモジュールをラインアップし、従来機と比較し約20%のスペースを削減。
    • 機器設置レイアウトの自由度が向上。
  • 2:省エネ
    • 業界トップクラスのCOP3.47を実現。
    • 50馬力・散水無し・インバータータイプの冷却能力150kWにおいて。2015年4月27日現在
  • 3:設計・施工の容易化
    ポンプ内蔵タイプ、ポンプレスタイプ、ヘッダー内蔵タイプをラインアップ。
  • 4:運転管理
    • 多彩な運転指令と運転状態の見える化を実現します。
DT-Rの詳しい紹介はこちら!

導入のメリット

  • 1:限られたスペースに大容量の空冷チラーを設置可能
  • 2:大容量モジュールによりモジュール台数の削減が可能となり、水配管・電気配線等の付帯設備の削減やメンテナンスの容易化が可能

コンパクトキューブ eシリーズ

コンパクトキューブ eシリーズ

独自の薄型モジュールによる多彩な省スペース設置

独自の薄型モジュールにすることで狭小場所への設置を可能とし、工場の外壁の緑地帯やビルの屋上の狭小地への設置の他、2列設置、大規模集中設置など多彩な設置方法を可能としています。コンパクト・省スペースながら、優れた省エネ性も実現した空冷式ヒートポンプチラーです。

  • 省エネ・節電

製品の特長

  • 1:独自の薄型モジュールによる多彩な省スペース設置
    業務用空調機のように、外壁沿いや屋上の狭小場所にも設置可能。送風機エアガイドと架台・通風用遮蔽板(共に現地手配・施工)の併用により、「二列対面」「一列二段」「二列二段」の設置に対応。
  • 2:優れた省エネ性
    50HP(散水なし)クラスで業界トップのCOP=3.41達成※1 ※2
    当社旧型機種CAH-P1500C形(60Hz)※3と比較し、COP33%向上。※2
    • ※150HP・散水なし・インバータータイプの冷却能力150kWクラスにおいて。2012年10月現在(当社調べ)
    • ※2外気温度35°CDB、冷水入口14°C/出口7°Cでの値
    • ※3CAH-P1500C形(2001年発売)
  • 3:内蔵ヘッダー
    独自の内蔵ヘッダー(オプション)により、従来現地で施工が必要であった水配管ヘッダーをユニットに内蔵し、配管を含めた設置スペースを縮小。現地での冷温水配管施工の簡易化にも貢献。

■一列設置

A.工場外壁沿い設置
B.屋上狭小地設置

■当社従来機種とのCOP比較(50馬力)

50Hz
60Hz
  • ※1COPは外気35°C、冷水入口14°C/出口7°Cの値を示す
  • ※2比較対象機種はCAH-P1500形(2001年発売)

■内蔵ヘッダー(オプション)

標準配管仕様(1モジュール1ポンプ設置の場合)現地水配管ヘッダー施工イメージ
  • 写真は30HPモジュール×2台を連結設置した60HPユニットです。
内蔵ヘッダー連結仕様(1ユニットポンプ設置の場合)
  • 写真は30HPモジュール×2台を連結設置した60HPユニットです。

導入のメリット

  • 1:独自の薄型モジュール構造と内蔵ヘッダー(オプション)により、現地でのスペースを有効に活用いただくことができます
  • 2:暖房性能に優れ、外気温度-2°Cの低外気時において、現行機比21%加熱能力アップ
    • 60HP EAHV-P1800A(E)と従来機MCHV-P1800A(E)1との比較。外気-2°C、RH85%、温水出口45°Cにおいて。
  • 3:運転音がとても静かです
  • 4:全機種20トン未満の為、高圧ガス届出が不要

納入事例

空調用チリングユニットの納入事例一覧