ここから本文

受動喫煙防止に「スモークダッシュ」

“受動喫煙防止”が求められる時代。
「スモークダッシュ」が喫煙対策のお手伝いをします。

他人のタバコの煙を吸ってしまう受動喫煙。
その健康への悪影響を防ぐために、わが国でもより厳しい喫煙対策が必要となっています。

2003年 健康増進法(平成15年5月施行) ⇒ 喫煙対策ガイドライン発表
(公共施設での受動喫煙防止対策が努力義務化
2010年 神奈川県「公共施設における受動喫煙防止条例施行」
2011年 厚生労働省「受動喫煙防止対策助成金制度施行
2013年 兵庫県「受動喫煙の防止等に関する条例施行」
2015年 改正「労働安全衛生法」(平成27年6月施行)
(職場における受動喫煙防止対策が努力義務化

喫煙対策の方法と効果

  • 「完全禁煙」の実施により新しく費用は発生しないものの、
    喫煙者からの反発も予想される。
  • 喫煙可能区域の設定および喫煙室の設置による喫煙対策。
    喫煙者にも受け入れられやすい。
  • 実施の際は、換気設備等の設置により、
    適切な換気の実施が求められている。

喫煙室設置時の要件

① 浮遊粉塵濃度 0.15mg/m3以下
② 一酸化炭素濃度 10ppm以下
③ 喫煙室に向かう気流の風速 0.2m/s以上

厚生労働省「受動喫煙防止対策措置の効果を確認するための測定方法の例」より。

上記①②③を満たす喫煙室の設置が理想

スモークダッシュの設置モデルプラン

こんな場所にはこの「スモークダッシュ」がおすすめです。

“スモークダッシュ & 換気扇”で快適な喫煙環境を実現します!

排気設備のみでは、室内に拡散したタバコ粉塵およびガス状成分を基準値以内にするのは困難です。

タバコの粉塵と臭いについては有効ですが、一酸化炭素等のガス状成分は除去できず、排気設備との併用が必要です。

換気風量を抑えながら、タバコの粉塵や臭いはしっかり除去し、快適な喫煙環境を実現します。

喫煙対策コラム

お問い合わせは下記バナーをクリック!

喫煙用集塵・脱臭機に関するお問い合わせ

喫煙用集塵・脱臭機 スモークダッシュの納入事例

喫煙用集塵・脱臭機 スモークダッシュの納入事例一覧