ここから本文

設置時のご注意

設置・使用に関するお願い

  • この製品では、タバコの煙のガス成分によっては除去できないものがあり、一酸化炭素等は除去できませんので換気装置を併用してください。
  • 次のような場所へは据付けないでください。
    • 空調設備の吹出口の近くなど風のあたる場所・直射日光のあたる場所・湿度の高いところ・屋外・塩害地域・乗り物内・腐食性ガスの存在する場所
  • 安全にご使用いただくために
    • 吸込口にタバコの灰や火の粉を入れないでください。
    • 吸込口の上に灰皿を置いて使用しないでください。
    • HEPAフィルターはホコリが堆積する前に定期的に交換してください。
    • 製品に水をかけないでください。

効果的な捕煙のために

全機種共通

  • エアコン等の送風機器の気流が喫煙者やスモークダッシュ本体に当たらないようにしてください。
  • 風通しのよい通路脇や窓近くは避けてください。窓は閉まっていても、外部との温度差により気流を生じることがあるためご注意ください。
  • スモークダッシュの吐出口側を向き合わせ複数台並べる場合は、間隔を十分にとってください。(図1)
  • 一台だけでも、吐出気流と壁との干渉を抑えるため、吐出口側の最も近い壁との距離を十分に離してください。(図2)
(図1)/(図2)

スモークナビ搭載シリーズ・フラットシリーズ

(図3)
  • どうしても壁等に接する設置となる場合には、テーブル板の端面を壁にすき間なく接して設置してください。(図3)
  • 壁以外のパーティションなど吐出近くに障害物がある場合は、同様の配慮が必要です。

周囲(非喫煙ゾーン)への配慮のために

  • できるだけ喫煙ゾーンは独立した部屋(喫煙室)とした方が効果的な喫煙対策となります。
  • 喫煙室にできない場合は喫煙ゾーンと非喫煙ゾーンの境界を定め、仕切りを設けることで、タバコ煙・臭いのもれを防ぎます。仕切りの設置にあたっては、既存の空調・換気設備の配置や風向きを考慮し、そのゾーンから外部へのタバコ煙のもれを防ぐよう配慮してください。
  • 捕煙されずに拡散するタバコ煙をなるべく減らすため、喫煙者が、スモークダッシュの捕煙範囲を意識するような工夫(注意喚起の表示や、床面に捕煙範囲の限界を示すラインを引くなど)を導入すると効果的です。
  • 喫煙ゾーン側に換気扇などにより(既存の換気設備が活用できればそれでもよい)比較的大風量の排気を設けることで、喫煙ゾーンを非喫煙ゾーンに対して常にマイナス圧に保てます。これによりフロア全体としての大きな気流が非喫煙ゾーンから喫煙ゾーン側に向かうことになり、タバコ煙・臭いのもれを防ぎます。
  • 吐出気流がまわりの人に直接当たらないように設置レイアウトを工夫してください。
  • 設置場所の選定にあたっては特に非喫煙者に配慮し、心情的にも不快感を与えないよう工夫して(喫煙している姿を目立ちにくくする、タバコに敏感な人の近くは避けるなど)、十分なコンセンサスと配慮が必要です。

臭いの拡散を抑えるために

  • スモークダッシュの吐出気流が、非喫煙ゾーンに向かないようレイアウトを工夫してください。
  • フィルターはこまめに点検し、臭いが気になり始めたら早めに交換をお願いします。
  • スモークダッシュや周囲の什器類等にこびりついたタバコ煙成分が臭いの源とならないよう、こまめに清掃をしてください。
  • ニコチン、タールによる汚れは水溶性のため、水拭きでも比較的容易に落ちます。

お問い合わせは下記バナーをクリック!

喫煙用集塵・脱臭機に関するお問い合わせ

喫煙用集塵・脱臭機 スモークダッシュの納入事例

喫煙用集塵・脱臭機 スモークダッシュの納入事例一覧