ここから本文

厚生労働省 受動喫煙防止対策助成金
[平成28年度] 受付開始!

事業者の皆様へ!

平成26年6月25日に、改正「労働安全衛生法」が公布され、平成27年6月1日から、職場の受動喫煙防止対策(事業者・事業場の実情に応じた適切な措置)が事業者の“努力義務”となりました。

受動喫煙防止対策助成金の概要

受動喫煙防止対策を行う際には、「受動喫煙防止対策助成金」により、費用の一部が支援されます!

«POINT1» 対象事業主

次のすべてに該当する事業主が対象です。

(1)労働者災害補償保険の適用事業主

(2)次のいずれかに該当する中小企業事業主

業種 常時雇用する労働者数 資本金
小売業 小売業、飲食店、配達飲食サービス業 50人以下 5,000万円以下
サービス業 物品賃貸業、宿泊業、娯楽業、医療・福祉、複合サービス(例:協同組合)など 100人以下 5,000万円以下
卸売業 卸売業 100人以下 1億円以下
その他の業種 農業、林業、漁業、建設業、製造業、運輸業、金融業、保険業など 300人以下 3億円以下
  • 労働者数か資本金のどちらか一方の条件を満たせば、中小企業事業主となります。

«POINT2» 助成内容

助成対象経費 助成率 上限額
喫煙室の設置などにかかる工費、設備費、備品費、機械装置費など 1/2 200万円
  • 交付は事業場単位とし、1事業場につき1回とします。
  • 同じ事業場で複数の場所に措置を講じる場合は、1件の申請としてまとめて申請してください。
    (1申請の上限額は200万円)

«POINT3» 助成対象となる措置

  • 一定の基準を満たす喫煙室の設置・改修
    • 喫煙室の入口で、喫煙室内に向かう風速が 0.2 m/秒 以上
  • 一定の基準を満たす屋外喫煙所(閉鎖系)の設置・改修
    • 喫煙所での喫煙で、喫煙所の直近の建物の出入口などにおける粉じん濃度が増加しない
  • 一定の基準を満たす換気装置の設置など(宿泊業・飲食店を営んでいる事業場のみ)
    • 喫煙区域の粉じん濃度が0.15 mg/m3以下、または必要換気量が 70.3 ×(席数)m3/時間以上

お問い合わせは下記バナーをクリック!

喫煙用集塵・脱臭機に関するお問い合わせ

喫煙用集塵・脱臭機 スモークダッシュの納入事例

喫煙用集塵・脱臭機 スモークダッシュの納入事例一覧