ここから本文

エアフロー環気システム

〈壁排気タイプ〉三菱HEMS対応
スマート環気 暮らしの快適さを維持・向上させつつ、省エネ・節電に貢献するそんな換気システム。 それが、三菱のスマート環気。エアフロー環気システム〈壁排気タイプ〉は「換気風量の最適化」「自動制御」「自然エネルギーの有効活用」による省エネ・節電に加え、三菱HEMSにも対応する「スマート環気」をご提案。

スマート環気

定風量(自動)制御による24時間換気システム

換気運転状況を見える化。三菱HEMS対応で簡単操作。

換気運転状況を見える化

1.センサー付排気ファンが見張る!

排気ファンに搭載されている風量センサーが換気風量をきめ細かくチェック。設定風量に合った換気量が維持されているかを常に見張ります。

2.コントローラユニットが制御する!

風量センサーで換気風量の不足や過換気が検出された場合は、各排気ファンの風量を自動制御。設定風量に応じた換気風量を維持します。

三菱HEMS対応で見える省エネ・快適

換気運転状況を見える化。三菱HEMS対応で簡単操作。

三菱HEMSで換気風量や換気モードの切換えが可能。さらに換気運転状況も確認できるので、快適性の維持や省エネ・節電に役立ちます。

換気運転状況を見える化

三菱HEMS 操作画面イメージ

■三菱HEMS操作・表示機能一覧
三菱HEMS コントローラユニット
操作 表示 送信ユニット 受信ユニット
操作 表示
換気システム「運転」「停止」 ○(24時間換気)
24時間換気風量「強」「弱」
急速換気「入」「切」
浴室乾燥急速「入」「切」
浴室乾燥一時停止「入」「切」
異常表示

簡単操作で換気風量を最適化

季節や生活シーンに応じて、最適な換気を設定可能。

画像

1. 24時間換気「強・弱」切替

24時間換気「強・弱」切替 冬は「弱」運転で、0.4回/h換気に。

建築基準法では、住宅の気密性によって冬期は換気回数を0.4回/hに減らすことができます※1。リモコンで「弱」運転にすれば、風量を抑え、冷風感を低減でき快適です。また暖房された空気の排出が減ることで、空調負荷が低減され節電にも貢献します。

  • 1:C値〈2cm2/m2で冬季室内外の温度差が大きい場合、自然換気回数0.1回/hに換算できる(建築物のシックハウス対策マニュアル)

2.急速運転「入・切」切替

急速運転「入・切」切替 夏期などの熱気の急速排気に。

室内にこもった夏期の熱気を急速排気。冷房運転前に利用すれば、室温が下がった状態から冷房運転が開始されるので、冷房負荷を低減できます。また「少し暑い」中間期(春・秋)も急速排気で涼風感が得られるので、冷房を使用せず節電できます。

3.浴室換気「一時停止」

浴室換気「一時停止」 冬期の入浴中などに。

入浴前にボタンを押せば、1時間だけ換気を停止。その後は自動的に24時間換気に復帰します。冬期の入浴時などに利用すれば、換気による冷風感がなく快適性が向上します。

4.浴室換気「急速運転」

浴室換気「急速運転」 入浴後の湿気排出に。

入浴後の浴室にこもった湿気を急速排気。浴室内の換気風量が増加しますが、定風量(自動)制御機能により、住宅内の他の排気ファンの風量が減少するので過換気を防ぎ、ムダな換気をせず、電力消費を抑えます。また「切タイマー」運転※2を使用すれば、「急速運転」の消し忘れの心配もなく、節電に貢献します。

  • 2:1~5時間の設定が可能

連動用換気扇により排熱・通風運転を強化

排熱・通風運転により空調効果を改善。

急速運転時、天井裏の熱気を排出する「 換 気 排 熱ファン」、部屋間の通風を行う「エアパス用ファン」などとの連動により、住宅内の温度差を改善、空調効果を高めます。

コントローラユニット 速結端子部詳細

コントローラユニット 速結端子部詳細

接続できる換気扇の仕様と一例

消費電力2W以上、100W以下のACモーター搭載機種

換気排熱ファン

換気排熱ファン
V-20MEX2

エアパス用ファン

エアパス用ファン
V-08PF7

換気排熱ファンと連動運転

換気排熱ファンと連動運転

エアパス用ファンとの連動運転例

エアパス用ファンとの連動運転例

納入事例

エアフロー環気システムの納入事例一覧