ここから本文

バス乾燥・暖房・換気システム

リニューアルバスカラット〈壁掛けタイプ〉

リニューアルバスカラット

  • ※1:V-241BK-RNにおける乾燥弱(温風)と風乾燥(強)の比較。ただし風乾燥は、温風乾燥と比べると乾燥時間は長くなります。

“あったかさ”4段階パワフル暖房

4段階パワフル暖房

壁面のどこに設置しても“あったか”

壁面のどこに設置しても“あったか”

入浴後の浴室乾燥は、電気ヒーターを使わない節電・省エネな「風乾燥」

すみずみまで清潔乾燥してカビ予防。ぐんと節電の浴室「風乾燥」モードをご提案

ヒーター(熱源)を使わない浴室「風乾燥」モードなら、乾燥時間は長めですが、ヒーターなしで効率的に浴室を乾燥します。

各乾燥モードと主要部品の電気容量

簡単据付

壁の角近くでもOK 浴室の改築・リニューアルに最適。

すでに換気扇・換気口がある場合は、既存の角穴、丸穴いずれの開口部もそのまま利用※1できるので穴開け工事の必要がありません。さらに好評の本体スライド方式により、さまざまな浴室に設置可能です。

  • 火災予防条例指導基準(東京消防庁)では天井面、壁面より本体の温風吹出口及び空気吸スライド込口を10cm離す指導となっています。
  • 1:電源電圧を100Vから200Vに変更する必要があります。
  • 1:取付木枠や壁に補強されている事が前提です。
リニューアル手順1 リニューアル手順2

メンテナンス

フラットグリル&メンテナンスサインを採用。
フラットグリル

グリル前面は一拭きでかんたん掃除。すっきりフラットグリル。

清掃のタイミングをお知らせ

フィルターメンテナンスサインが清掃のタイミングをお知らせ。

気配り設計

より安心、便利な仕様に。
表示ランプ

運転状況がひと目でわかるグリル前面の表示ランプ。

応急運転スイッチ

本体側でON/OFF操作ができる応急運転スイッチ。

納入事例

バス乾燥・暖房・換気システムの納入事例一覧