ここから本文

ダクト用ロスナイ

換気空清機「ロスナイ®」は、省エネ熱交換換気でCO2(温室効果ガス)とエネルギー削減(節電)に貢献します。

熱交換換気の仕組みと効果

ロスナイエレメント(熱交換器)により、換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)しながら換気します。約5~8割の熱エネルギーを回収でき、夏期・冬期の冷暖房負荷を低減し、省エネ換気が可能です。

ロスナイの原理

ロスナイの原理

簡単な実験をしてみましょう。紙を筒にして息をふきかけてください。手に暖かさが伝わります。逆に冷たい空気を吹き込んだ場合は冷たさが伝わります。この紙の性質を利用したのが全熱交換器「ロスナイエレメント」です。ロスナイエレメントは紙の持つ"熱"と"湿度"を通す性質を巧みに利用し、排気される汚れた室内空気と取り込まれる新鮮な外気とがロスナイエレメントを通過する時、温度(顕熱)と湿度(潜熱)の交換を行うのです。

ロスナイエレメントの構造

ロスナイエレメントは特殊加工紙の仕切板と間隔板で構成されています。取り込む外気と排出する室内空気は仕切板で完全に分けられており、混ざり合うことなく常に新鮮な空気を供給します。

ロスナイエレメントの構造

ロスナイ温度交換イメージ(冬期)

ロスナイ温度交換イメージ(冬期)

ロスナイの熱交換シミュレーション

ロスナイの熱交換シミュレーション

換気空清機ロスナイ®年間1台あたりのCO2とエネルギー削減効果例

ロスナイ熱交換換気と非熱交換換気での比較

ロスナイ熱交換換気と非熱交換換気での比較

〈試算条件〉
  • 年間CO2排出量の試算には電力からCO2排出量の換算係数として0.4kg/kWhを使用。
    〔「各国における発電部門CO2排出原単位の推計調査報告書-ver.3(2006.Revised)-」(JEMA)より〕
  • 室内温度:暖房時20℃、冷房時28℃
  • 外気条件:気温および相対湿度の月別平年値(1971年から2000年までの平均値)[ 参考文献]国立天文台編「理科年表(平成20年版)」
  • 暖房条件:外気温度の月別平年値が16℃以下となる月
    冷房条件:外気温度の月別平年値が24℃以上となる月
    (例:東京地域:冷房期間:7月~8月、暖房期間:11月~4月)
  • 冷暖房平均COP=3.20
    (エアコンディショナーの性能の向上に関する製造事業者等の判断の基準等(経済産業213)より「冷暖房の用に供するエアコンディショナーに係る基準エネルギー消費効率の直吹き形でその他のもの 3.2kWを超え4.0kW以下」のCOPを採用)
  • ロスナイ換気の風量と非熱交換換気の風量は同等として計算。
    VL-12JV-D(強):30.5m3/h(50Hz)、30.5m3/h(60Hz) VL-10S2-D(弱):27m3/h(50Hz)、26m3/h(60Hz) VL-16U2-D(弱):65m3/h(50Hz)、60m3/h(60Hz) VL-150ZS2( 弱):80m3/h(50Hz)、80m3/h(60Hz)
  • 各機種のエンタルピー交換効率(%)は以下の値で計算。(50/60Hz)VL-12JV-D(強):暖房時(52/52)、冷房時(32/32) VL-10S2-D(弱):暖房時(53/53)、冷房時(43/43) VL-16U2-D(弱):暖房時(65/65)、冷房時(59/60)VL-150ZS2( 弱):暖房時(57/59)、冷房時(52/54)
  • 機器運転条件:札幌、仙台、東京は50Hz、大阪は60Hz
  • 機器運転時間:24時間運転
  • 電気料金目安単価:27円/kWh(税込)

納入事例

ダクト用ロスナイの納入事例一覧