ここから本文

連系形システムの構成例

現在最も一般的なシステムです。発電した電力を負荷に供給すると共に、余った電力は電力会社の系統に逆潮流(売電)。発電電力不足の場合は、従来通り電力会社から供給を受けます。

連系形システムの構成例

  • イラスト内の製品はイメージですので実際の製品(寸法・色など)とは異なります。
    接続箱・気温計・トランスデューサ箱・表示装置は、直射日光の当たらない場所に設置して下さい。
    当社以外で手配して頂くものも含んでいます。

晴天時の日中

太陽電池の発電電力が建物内の電気機器の消費電力より多い場合、余った電気は「逆潮流」として商用電力系統に送られます。この時の電力を、電力会社に売ることもできます。(建物によっては逆潮流できない場合もあります。詳しくは電力会社にご相談下さい。)

朝夕や曇りのとき

太陽電池の発電電力だけで、建物内の電気機器の消費電力をまかないきれない場合は、不足分を電力会社の電力でまかないます。

雨天や夜間

太陽電池の発電電力がゼロに近い場合、建物内の電気機器の消費電力は、電力会社の電力でまかないます。

システム解説

・太陽電池モジュール

太陽光エネルギーを直流電力に変換します。

・パワーコンディショナ

太陽電池で発電した直流電力を交流電力に変換します。この変換効率が発電量に大きく影響します。システム全体の運転を自動管理します。また、連系保護を行ないます。

・接続箱

発電した直流電力を集めてパワーコンディショナへ送ります。

・受電盤

電力会社や太陽電池により供給された電力を分配し、電気機器へ送ります。太陽電池によって発電した電力を電力会社へ送電する(逆潮流)場合もあります。

・データ収集装置

システムの動作状況を監視。各種測定データを収集・蓄積します。

・表示装置

瞬時発電電力・積算発電電力量などをLEDにてリアルタイムに表示します。

・日射計

日射量の測定を行ないます。

・気温計

気温の測定を行ないます。

・トランスデューサ箱

日射計、気温計で測定した信号を変換し、データ収集装置やパワーコンディショナ等へ送ります。

システム概要へ戻る

公共・産業用太陽光発電システムの納入事例

公共・産業用太陽光発電システムの納入事例一覧