ここから本文

パワーコンディショナ

特長

耐蝕性を高めた塩害仕様構造により、塩害地域 ※1において屋外設置可能
(対象機種:PV-PSME55L)

<設置可能エリア>※1 出力制御ルールの適用関係

昇圧機能の内蔵により、システム設計の自由度向上(対象機種:PV-PSME55L)

昇圧機能内蔵のため、各ストリング(直列回路)ごとの太陽電池モジュール枚数が異なっていても接続が可能に。
各ストリングごとの枚数差を気にする必要がなく、システム設計の自由度が向上します。

機種一覧

PV-PS40K2

PV-PS40K2

  • (単相)定格出力電力:単相4.0kW
  • 屋外・屋内設置兼用タイプ
  • 電力変換効率95.5%※2
PV-PS55K2

PV-PS55K2

  • (単相)定格出力電力:単相5.5kW
  • 屋外・屋内設置兼用タイプ
  • 電力変換効率95.5%※2
PV-PSME55L

PV-PSME55LNEW

  • (単相)定格出力電力:単相5.5kW
  • 屋外・屋内設置兼用(塩害地域対応)タイプ
  • 電力変換効率96%※3
  • ※2:JIS C 8961で規定する定格入力電圧時の定格負荷効率を表します。(標準接続箱機能を含む)
  • ※3:JIS C 8961で規定する定格入力電圧時の定格負荷効率を表します。(昇圧接続箱機能を含む)

仕様一覧

形名 PV-PS40K2 PV-PS55K2 PV-PSME55L
本体材質 鋼板
設置場所 屋外・屋内※4
塩害地域の屋外設置
保護等級 IP55
使用環境条件 -20~40℃ -20~45℃※5
入力回路数 3回路(1回路※6 4回路(1回路※6
定格入力電圧 DC310V
運転入力電圧範囲 DC50~450V※7
最大出力追従制御電圧範囲 DC55~445V
定格出力電圧、周波数
(連系運転時)
AC202V、50/60Hz
定格出力電圧、周波数
(自立運転時)
AC101V、50/60Hz
定格出力電力(連系運転時) 4.0kW 5.5kW
最大出力電力(自立運転時) 2.0kVA ※8 2.7kVA ※8
電力変換効率(連系運転時) 95.5% ※2 96% ※3
出力基本波力率 0.95以上※9
高調波歪み率 総合5%以下、各次3%以下
運転時騒音※10 30dB 33dB
主回路方式 変換方式 電圧型電流制御方式
スイッチング方式 正弦波PWM方式
絶縁方式 トランスレス方式
電気方式(連系運転時) 単相2線式(単相3線式配電線に接続)
電気方式(自立運転時) 単相2線式
保護機能 連系保護 OV、UV、OF、UF
単独運転検出方式 受動的方式(電圧位相跳躍検出方式)、
能動的方式(ステップ注入付周波数フィードバック方式)
出力制御機能※11 対応可(別途外部に出力制御ユニット、インターネット回線の設置が必要)
質量 26.7kg ※12 31.2kg ※12 29.4kg ※12
外形寸法(W×D×H)※13 630×225×400mm
  • ※4:本商品の設置条件は、周囲温度が「使用環境条件」を満たす一般地域。塩害地域及びこれに相当する地域での屋外には設置不可(塩害地域では屋内には設置可)。詳しい設置条件は取り扱い・据付工事説明書に記載しています。
  • ※5:周囲温度が約40℃以上の場合および系統電圧が高い場合は、パワーコンディショナの保護機能により出力を制限することがあります。
  • ※6:外部接続箱を使用する場合。
  • ※7:DC60V以上で運転開始します。
  • ※8:各出力端子1回路あたりの最大出力電力は1.5kVA(100V/15A)まで。ただし気象条件や時間帯によって発電できない場合もあります。
  • ※9:進相運転時、力率一定制御有効時を除く。力率一定制御設定可能範囲は0.81~1.00(0.01単位)。
  • ※10:JIS C 8980 で規定する運転騒音測定値。運転音は反響の少ない無響音室で測定した数値です。実際の設置状態で測定すると周囲の音や壁等の反響を受け、カタログ表記の数値より大きくなることがあります。
  • ※11:電力会社からの出力制御信号により出力を制御することがあります。
  • ※12:取付板を除く。
  • ※13:取付部及び突起物を除く。

納入事例

パワーコンディショナの納入事例一覧