ここから本文

照明全般

照明全般についてのよくあるご質問をご紹介いたします。

照明器具そのものにも寿命があると聞きましたがどの様なものですか?

設置して8~10年経つと、外観に異常がなくても内部の劣化が進行しています。点検・交換をおすすめします。(使用条件は周囲温度30℃、1日10時間点灯、年間3000時間点灯。[JIS C8105-1解説による])

尚、周囲温度が高い場合、点灯時間が長い場合は、寿命が短くなります。



●1年に一度は「安全チェックシート」により、自主点検をしてください。

●3年に1回は、工事店等の専門家による点検をお受けください。

●点検せずに長時間使い続けると、まれに、発煙、発火、感電などに至る恐れがあります。

「LED照明器具 安全チェックシート」はこちら

その他の「安全チェックシート」は(一社)日本照明工業会ホームページよりダウンロードいただけます。ダウンロードはこちら

回答を見る

グリーン購入法とは?

グリーン購入法とは、正式には「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」です。

国(国会、各省庁、裁判所等)、独立行政法人等及び地方公共団体による環境物品等の調達の推進、環境物品等に関する情報の提供その他の環境物品等への需要の転換を促進する事により、環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築を図ることを目的としています。

グリーン購入法について詳しくはこちら

回答を見る

グリーン購入法に適合する器具にはどのようなものがありますか?

最新のLED器具・LED電球は、ほとんどがグリーン購入法に適合しています。

(防爆形や演出タイプなど一部を除く)

カタログに「G」マークを表示していますので、ご確認ください。

グリーン購入法適合形名はこちら

回答を見る

PCB入り安定器の取扱いはどうすれば良いですか?

PCB入り安定器は、生産中止から既に30年以上経過していますが、お客様においては、現在もこれらの器具を使用されている場合があります。弊社、ならびに(一社)日本照明工業会では、必要な情報を提供し、PCB入り安定器についての点検・交換・保管をお願いしています。
また、環境省のPCB早期情報処理サイトにて基本情報、処理方法等に関してまとめた動画が公開されています。

PCBに関する対応について

環境省 PCB早期処理情報サイト

回答を見る

蛍光ランプの中にPCBが入っていると聞きましたが、どういう事ですか?

ランプには入っておりません。

点灯させる器具の安定器についているコンデンサの絶縁オイルに使用されていましたが、昭和47(1972)年8月以降使用されておりません。

回答を見る

照度計算とはどのように行うのですか?

部屋の寸法、反射率、器具台数、ランプ光束などの数値を利用して床面に降り注ぐ光束の量を計算し、その計算面の平均の照度を算出する「光束法」を用いて行います。

もう一つの方法として「逐点法」があります。照明器具の光度値と 器具から計算面までの距離を利用して、被照面のある 点 の照度を計算する方法です。
計算結果は直射照度なので、天井や壁からの反射光を加える必要がありますが、床面や壁面等対象全体の明暗の分布を作ることが出来るため、広く照度の模擬的確認方法として定着しています。

照度計算について詳しくはこちら

回答を見る

照度計算を簡単に行えるソフトはありますか?

照度計算ソフト「あかり職人」を無償でダウンロードしてお使いいただけます。

「あかり職人」は部屋の平均照度計算や照度分布図の作成が初めての方でも簡単に行えるソフトです。
・機能1 光束法での平均照度一覧表が作成できます。
・機能2 逐点法による照度分布図を作成できます。
・機能3 照明器具データ(配光曲線図や照明率表など)の表示、印刷ができます。
※当社の標準品以外の配光データでも簡単に登録して表示、計算ができます。
・機能4 IESデータの入力や出力が可能です。

照明計算システム「あかり職人」のダウンロードはこちら

回答を見る