ここから本文

プレイリスト&スケジュール運用 特長

プレイリスト再生

オリジナルのプレイリストを作成することで、より思い通りの訴求ができます。

プレイリスト再生

静止画・動画を組み合わせて再⽣できる!

1つのプレイリストには、30ものコンテンツを登録可能。
コンテンツの表示秒数や表示順番を自由に設定することができます。静止画や動画だけではなく、外部入力の映像やチューナーによる映像も登録することができます。

■プレイリストに登録可能なコンテンツ

静止画 JPEG、PNG※1
動画 MP4/WMV/AVCHD
外部入力 ビデオ/HDMI/D端子/PC/ネットワークURL
チューナー 地デジ/BS/BS4K/CS1/CS2/アナログ※2
  • ※1PNGはU9/E9シリーズのみ対応。
  • ※2機種によって異なります。

コンテンツの上に画像※1を付加できる、スタンプ機能!

静⽌画・動画コンテンツの上に画像を1枚付加できる!

例えば、⾷堂メニューの中で1つだけ売り切れ商品が発⽣した場合、その商品画像の上に「売切」の⽂字を付加したり、タイムセールの対象商品に「特売」の⽂字を付加することで、既存のコンテンツを活⽤しながら訴求⼒の⾼い告知ができます。

  • ※1対応ファイル形式はJPEG、PNG

スケジュール再生

曜⽇や時間帯に合わせ、プレイリストを⾃動再⽣。ランチタイムやセールなど、売り時を逃しません。例えば、レストランの場合、訴求すべき内容が曜⽇や時間によって異なるため、再⽣コンテンツをスケジュール管理することで、より効果的に情報を伝えることができます。

  • スケジュール再⽣を⾏うには、別売の時刻保持ユニット(DP-5RTC-A)が必要です。
スケジュール再生
  • 1⽇に最⼤4つのプレイリストをスケジュール設定することができます。

ページトップに戻る

カレンダー再生機能

再生期間をファイル名で指定すれば、日時を指定したスケジュール運用が可能。特定の日時や「毎月○○日」といった指定もできるので、スーパーの定期特売日やホテルのウェルカムボードなど、日付によって異なる表示をしたいときに大変便利です。

再生期間をファイル名で指定!

■必要な周辺機器

時刻保持ユニット

関連する製品

ページトップに戻る

カタログ請求、仕様・機能、商談・リニューアルに関するご相談等、お気軽にお問い合わせください。

納入事例

プレイリスト&スケジュール運用の納入事例一覧