ここから本文

三菱電機 ドップラーライダシステム

テキスト版

計測原理

このシステムは、レーザ光を空間に発射し、大気中のエアロゾルからの散乱光を受信して、信号周波数成分を解析します。移動する測定対象からの信号は、その移動速度に応じたドップラ速度成分を持ちます。ここから、大気によって運ばれるエアロゾルの移動速度、すなわち上空の風速を計測します。

また同時に、レーザ光を繰返しパルス送信しながら、レーザビームをスキャン(走査)することで、測定対象までの距離と方位を測定します。

大気塵、目に見えない大きさ1/10~数ミクロンの浮遊粒子

速度をはかる

速度をはかる

拡大

距離をはかる

距離をはかる

拡大

風向と風速をはかる

風向と風速をはかる

拡大