ここから本文

三菱電機 ドップラーライダー/レーダシステム

テキスト版

適用分野

ドップラーライダーの適用分野

風力発電分野

新しいエネルギービジネスとして市場が拡大しつつある風力発電において、ドップラーライダは風を正確に測る技術です。遠隔での風況調査をはじめとして、大型化する風力発電設備や、広域化するウインドファームなど従来の風速計では計測できない風をリアルタイムに計測します。

風力発電分野についての詳しい情報はこちら

関連製品

地上設置型長距離ライダー(DIABREZZA_A)

地上/洋上設置型 短距離ライダー(DIABREZZA_W)

ナセル搭載型ライダー

空の安全監視

三菱電機のドップラーライダーは、開発当初より空港における後方乱気流検出、航空機の安全航行に寄与するための晴天乱気流検出といった見えない風の脅威に取り組んでいます。

空の安全監視についての詳しい情報はこちら

関連製品

地上設置型長距離ライダー(DIABREZZA_A)

その他

都市大気の風監視

遠隔での風計測技術は、都市の排熱によるヒートアイランド現象、自動車排気による環境影響物質の拡散など、風監視装置として、都市大気の風監視に役立てられます。また、ビル風計測装置、路面(橋梁)強風監視装置など、新しい都市型防災センサとして期待されます。

スポーツ・レジャー利用等

ゴルフ、ヨットレースなど、ゲームの進行に風が大きく影響するスポーツ、レジャーなどへも、ドップラーライダーはリアルタイムで風情報、コンテンツを供給できるセンサとして活躍します。