ここから本文

三菱電機 ドップラーライダー/レーダシステム

テキスト版

製品紹介

ドップラーライダーシステム

地上設置型長距離ライダー(DIABREZZA_A)

当社独自の技術であるWGA(Wave Guide Amplifier)による高出力かつ安定したレーザー照射が高品質な風観測を実現。
航空安全のために世界中で広く利用されています。

地上設置型中距離ライダー(DIABREZZA_S)

可搬型でコンパクトな全光ファイバー型ライダーシステムが、風向・風速の遠隔測定を可能にします。

地上/洋上設置型短距離ライダー(DIABREZZA_W)

コンパクトなライダーが上空の各高度の水平面風向・風速、そして鉛直風速を様々な条件下で測定します。

ナセル搭載型ライダー

風車のナセルに搭載し、流入風の風向・風速を測定することで、タービンを効率的に制御します。

航空機搭載型ライダー

晴天乱気流検知センサーとして唯一 ※1 の航空機搭載型ドップラーライダーです。※2
※1:当社調べ
※2:現在開発中

気象レーダシステム

長年にわたり培われた当社のレーダ技術を活用し世界中に高品質かつ高性能な気象レーダーをご提供しています。
幅広いラインナップからお客様の用途に最適な製品をご提案します。

大型大気レーダ(AR-50 MST /IS Radar)

上空の風向、風速等をリアルタイムで観測できる気象レーダです。高度500kmまでの対流圏、成層圏および中間圏における3次元風向および風速の観測が可能です。

Lバンドウィンドプロファイラー(AR-1300)

対流圏・下部成層圏・電離圏の大気の動きを観測できる気象レーダです。水平および垂直方向の風変動を連続的に観測することが可能です。

Cバンドマルチパラメータ気象レーダ

広範囲の降雨を観測できる気象レーダです。二重偏波を用いることによりレーダ単独で正確に降水量を把握することができ、豪雨警報などの防災に貢献します。

Cバンド空港気象ドップラーレーダ

空港周辺の低層域の風の急変(ウィンドシア)を的確に検出することが出来る高性能ドップラーレーダです。航空機の運行に深 刻な影響を 与える恐れがあるウィンドシアをリアルタイムに検出することで、航空機の安全な離陸、着陸に貢献します。

関連情報

Xバンドマルチパラメータレーダ

都市部や河川流域などの降雨を詳細かつリアルタイムで観測することが出来る気象レーダです。ゲリラ豪雨予測等に貢献します。

Kaバンド雲観測レーダ

雲の粒子を観測する高感度のミリ波レーダです。雷雲の発生を早期に検出し、その発達過程をモニター、解析することにより、降雨の前の局地的な大雨予測等に貢献します。