ここから本文

AREA HIGHLIGHTS

ここから本文

Contents.2

エレベーター工場 合同見学会!

三菱電機の昇降機は、三菱電機だけではなく地域の関係会社、販売会社の方々にも営業・販売をしてもらっています。そんな中10月22日に稲沢製作所で開催した、北陸地区ビルシステム代理店やグループ会社の若手社員を対象とした合同工場見学会の様子をご紹介します。

北陸支社 ビルシステム部 昇降機課 藤井晴輝 (ふじい・はるき)

01:稲沢製作所とエレベーター

稲沢製作所 長谷川 美紀

今回この見学会を開催したのは、三菱電機製品について知見を深めてもらった上で三菱電機の昇降機の営業をしてもらうためです。
関係会社・販売会社の方々を招いた見学会の実施は、北陸支社としては初めての試み。案内書類の作成、工場とのスケジュール調整等、事務的な処理が大変でしたが、稲沢製作所の長谷川をはじめ多くの方と協力しあい、スムーズに当日を迎えることができました。

愛知県に位置する稲沢製作所は、昇降機とビルシステムの製造を目的として1964年に設立されました。ここでは年間1万台の昇降機を生産しており、累計40万台以上の昇降機を約90の国や地域に送り出しています。

そんな稲沢製作所の敷地内にあるのは、エレベーター試験棟SOLAÉ(ソラエ)。今回は、2014年10月にリニューアルしたSOLAÉの中のショールームをご案内しながら、最新の昇降機事情や技術についてご紹介します。

SOLAÉは「いなざわ」になぞらえて、高さが173.0mもあるんです!

まずは参加者が稲沢製作所に集合。
今回は関係会社・販売会社の中から、営業をはじめ設計の工事15名の方が参加してくださいました。

製作所の中を見学する前に、SOLAÉ館長の笠原と稲沢製作所の長谷川から、稲沢製作所や展示してある製品・システムについての説明を行います。
今回の見学会参加者は過去に稲沢製作所を訪れたことがある方が多かったようですが、ショールームが新しくなったことで増えた製品や、展示の仕方の変化を楽しみにしていたようです。

次は、新しくなったショールームでは実際に何を紹介しているかをご案内します!

SOLAÉ館長 笠原 行雄
実際の機器を間近で見る機会は意外と少ないので、機器の構造等が理解しやすく勉強になったという感想も頂きました!

02:製品に触れる

SOLAÉ内の1階は、エレベーター・エスカレーターゾーン。ここでは安全システムや先進技術、デザインなどを実機や動画でご紹介しています。
特に「世界最高速ゾーン」にて流しているムービーでは、2015年にオープンする「上海中心大廈」の世界最高速エレベーターを液晶マルチ大画面表示装置でご紹介しています。

また、ビルマネジメントシステムゾーンと呼ばれる2階では仮想オフィスを設定し、セキュリティーレベルを4つに分類。各分野の最新の製品を展示しています。
特にご紹介したいのは「エレベーター行先予報システム エレ・ナビ」。セキュリティーゲートと連動して自動的に行先階を登録し、効率的に配車することで混雑を解消するシステムです。これを活用すると、朝の出勤時や昼休み時などの混雑時間帯の平均待ち時間が約10%も短縮されるんです!※1

※1:16階床、6台、定員20人の条件で、従来の当社エレベーター行先予報システムと比較したシミュレーション値

詳しい説明はこちら! SOLAÉ ショールームのご案内

03:世界レベルの技術を体感

ここでは世界で初めて三菱電機が開発し、三菱電機にしかつくることのできない螺旋状のスパイラルエスカレーターや、超高速・大容量エレベーターの駆動制御性の試験ができる施設があります。三菱電機の超高速エレベーターは極限まで振動が抑えられており、立てた10円玉が倒れないほどの揺れの少なさ。協力会社の方の中にも超高速エレベーター内で10円玉を立てたことがある方がいらっしゃいましたが、高速でのぼっていくエレベーターの床で10円玉は本当に倒れなかったそうで、振動の少なさに驚いていました!

今回来ていただいた皆さまは営業の方が多いので、お客様にどのように説明すればわかりやすく伝えられるか、実際の機器を体感して学ぼうとされている印象がありました。
普段なかなか見ることのない製品に触れ、実際に乗っていただくことで、三菱電機の技術力を肌で感じて頂けたのではないかと思います。

テレビCM
キーテクノロジー「エレベーター・10円玉」篇

プロジェクトME 第1回
エレベーター開発現場の舞台裏を徹底解明!

エスカレーターがまっすぐではないだなんて、新鮮です!

参加者の声

河村 亮太

三菱電機株式会社
中部支ビルシステム工事部工事技術課

河村 亮太

新しく設置する昇降機の品質管理と現場管理を担当しています。入社当時に4ヶ月間稲沢製作所で研修を行っていたことがあるのですが、ショールームがリニューアルしてからわかりやすくなりましたし、ビルシステムとエレベーター・エスカレーターの連動について新たに知ることができてよかったです。よりよい品質の昇降機を営業できるようにがんばりたいと改めて感じました。

織田 華代子

菱越電機株式会社
ビルシステム部ビルシステム課

織田 華代子

営業設計を担当しています。稲沢製作所の訪問は三回目ですが、シュミレーション映像が追加されていたり、展示物もわかりやすい順序で並べてあって良かったです。お客様と一緒に製作所を訪れたことはないのですが、ぜひやってみたいですね。
稲沢製作所は50周年ですし、昇降機も世界に展開しているので、三菱電機のエレベーターに誇りを持って仕事をしていきたいです。

城野 雄太

三菱電機ビルテクノサービス株式会社
金沢支店営業課

城野 雄太

昇降機のメンテナンスをメインに、設置や提案などを担当しています。
研修で一度来たことがありますが、リニューアルしてからは初めて訪れました。
エレベーターの速さなどは言葉で説明するより観てもらったほうが理解してもらいやすいですし、実感が湧くとおもうので、シュミレーション映像は非常によかったですね。

まとめ

普段は営業・設計・工事・保守とそれぞれのラインで仕事をしている為、頻繁に連絡を取り合う場面も少ないかもしれませんが、今回の見学会を機に横の繋がりをより強固なものにし、事業全体が安全かつスムーズに流れるようにしていきたいと考えています。
これからもお客様へ製品の良さや設計・工事・保守の体制を訴求し、北陸支社の社員として、よりお客様の信頼を得られるよう積極的に営業活動していきたいです!