AREA HIGHLIGHTS

ここから本文

各地域の支社・視点・営業所で働く人々にスポットライトを当ててきたAREA HIGHLIGHTS。今回は、三菱電機神奈川支社を統率する永澤支社長のとある一日を密着取材し、多忙な仕事の様子や神奈川地区における当社ビジネス活動の一部をお伝えします。

Vol.2 支社長の一日(午後編)2014.01.16(木)

お昼の休息も束の間、神奈川支社長の多忙な業務は、午後もまだまだ続きます。

PM13:00 会議

午後は経理担当者との会議資料の打合せから始まります。
支社長の営業活動面での秘書役でもある事業推進部の企画課長を
交え、資料の的確な修正指示を出していきます。

PM13:40 保健指導

先日の健康診断で、会社生活で初めて「保健指導」の受診指示を受けてしまいました。
業務の合間をぬって、食事や運動の指導を受けます。多忙な毎日を乗り切るには、やはり健康が第一です。

PM14:30 近隣場所長交流会へ

三菱電機には、神奈川支社の他に、神奈川県内に3つの研究所と製作所,事業所が1つずつあります。本日は、これらのトップが集い、神奈川県内における事業活性化策や地域貢献・社会貢献のあり方について年に2回会議を行う日です。

PM15:20 情報技術総合研究所に到着

本日の会議会場である大船の情報技術総合研究所は、三菱電機の中の情報、通信、マルチメディア、光・電波技術分野の研究開発を行う研究所です。最先端の技術開発を行っているため、セキュリティーチェックが厳しく、支社長とあっても一旦車を降りて入門手続きをします。

PM15:30 会議がスタート

まずは本会議の主催者である永澤支社長から、本日の会議主旨について説明を行います。
出席:情報技術総合研究所住環境研究開発センター鎌倉製作所デザイン研究所相模事務所

次に神奈川支社を先頭に、各製作所・研究所から、13年度の経営状況と課題について報告を行い、CSRに対する取り組みや社会貢献活動など、県内事業所で共有すべき情報を発信します。

この交流会は、地域活性化の視点で重要な役割を持ちます。各事業所のトップ同士で情報共有を行い、相互理解を深める場とするとともに、地域貢献のために何が出来るかを考えるべく、各所長も思わず熱弁。

PM17:50 会議終了

議論が白熱し、予定時間を少しオーバーしてしまいましたが、非常に有意義な話し合いの場となりました。

PM18:00 懇親会

会議の後は、研究所からほど近いレストラン「好日荘」に席を移し、懇親会に参加しました。
会議の席上では議論できなかった話が「このような席でこそ」というように、盛りだくさんで出てくるのが懇親会の良さでもあります。

各所のトップが集まった場だからこそ、出てきた様々な話題。社員の育成についてや、女性管理職をもっと増やしたいといった意見などが飛び交いました。
働きやすい職場をつくることも、支社長、所長といったその職場のトップの責任であると再認識した夜でした。

※ このページに記載されている情報は、2014年1月公開当時のものとなります。