ここから本文

AREA HIGHLIGHTS

Introduction

新人社員がお遍路で見たものとは?

四国といえばお遍路!と答えてしまうほど有名な四国八十八箇所巡り。とはいうものの、実際どのようなものかは、体験した人でなければわかりません。そこで、四国支社へ配属されたばかりの新入社員であるわたし堤が、四国にて伝統あるお遍路巡りを通じて、各県の魅力や三菱電機の事例をたっぷりとご紹介していきます。

お遍路ダイジェスト映像を見る

Reporter

わたしがご紹介します!

三菱電機株式会社 四国支社
事業推進部 企画課

堤 大地

Map of Pilgrimage

お遍路 高知編

徳島のお遍路巡りを終えて、次に訪れたのは高知県。観光目的で何度か訪れたことがありましたが、太平洋の雄大な景色や、南国のような気候に魅了された思い出が。 お遍路を通じて、高知に違った魅力を見つけることができるでしょうか。

ちくりんざん  こうのみねじ27番札所 竹林山 神峰寺

27番礼所 神峰寺

勾配なんと45度と言われる急坂は、三菱グループの創設者である岩崎彌太郎の母が息子の出世を祈願するために21日間参拝したという話で有名です。

一歩一歩登るのも一苦労で、『お遍路ころがし』と言われる意味を実感しましたが、そこから見る景色は雄大な自然そのものであり、非常に感動しました。

また、鐘楼の後ろに湧いている石清水は神峯の名水として有名。病気平癒に霊験あらたかという伝えがあるそうで、一口のむと冷たい水が疲れた身体に染み渡ります。

寄り道してみました

岩崎彌太郎生家と武田秀雄初代会長のお墓

三菱グループを創設した岩崎彌太郎の生家と、三菱電機初代会長である武田秀雄のお墓がある高知県。偉大なる大先輩方に挨拶すべく、それぞれの地を訪れました。

高知県 武田秀雄初代会長墓 岩崎彌太郎生家

岩崎彌太郎生家

現在でも綺麗に保存されていることに驚いた岩崎彌太郎生家。特に日本列島を模した庭石は彌太郎自らが置いたものと言われ、当時の彌太郎が先見性を持っていたことがよく分かるものであり、非常に印象的。

また、生家敷地内の土蔵の鬼瓦についている岩崎家の家紋「三階菱」は、現在の三菱グループのマークであるスリーダイヤの原型といわれています。三菱の歴史の長さ・重さを再確認できる機会となりました。

岩崎彌太郎生家
安芸市井ノ口甲一の宮2692
開門時間:午前8時から午後5時まで

岩崎彌太郎について詳しくはコチラ
(三菱グループのポータルサイトmitsubishi.com)

武田秀雄初代会長のお墓

続いて訪れたのは、山の麓にひっそりと佇む武田秀雄初代会長のお墓。会長がいたからこそ今の三菱電機があると考えると、非常に感慨深い訪問となりました。

ちょっと休憩

高知といえば、有名なのは「鰹のたたき」。さすがに、町の至る所にお店があります。特に炙りたての少し温かいものを塩で食べるのが高知流!今まで食べていた鰹のたたきとは比べ物にならないほど美味しかったです。

また、もうひとつご紹介したいのはちりめん丼。ちりめんと言えば日干ししたものしか食べたことがなく、釜揚げされたちりめん丼は初体験。口に入れた瞬間に磯の風味が広がり、添えられていた梅くらげとの相性も良く、もう一度この地で食べたくなる一品でした。

ごだいざん  ちくりんじ31番札所 五台山 竹林寺

31番礼所 竹林寺

家族連れが多く観光している近くに由緒あるお寺があるのが印象的な竹林寺の近くには、五台山の展望台があり、高知市内と海が一望できます。お寺は緑豊かで非常に美しく、庭園は国の名勝指定にもなっているほど!

こうふくざん せっけいじ33番札所 高福山 雪蹊寺

お遍路さんを迎えるかのように、白い彼岸花が入り口に咲き並んでいた雪蹊寺。

『月の名所』とよさこい節でも唄われる桂浜の近くにあるこのお寺には熱心に参拝されている方が多く、お寺独特の空気が流れていました。

高知編 まとめ

神峰寺の遍路ころがし周辺を歩き遍路していたときに出会った、ご年配の団体の方々が印象的でした。急斜面を歩くそのスピードは私を追い抜かすほどの速さで、元気さとパワーに圧倒。私もまだまだ頑張らなければ、と思いました。

ついにお遍路も後半戦。次に向かう愛媛は、四国4県の中でも一番馴染みの薄い土地。どのようなものに出会えるか今から楽しみですが、難所のお寺が多いため、これまで以上に大変な巡礼にもなりそうです。

Discover Mitsubishi Electric

高知県で見つけた三菱電機

  • 高知放送

  • 高知さんさんテレビ

  • テレビ高知

通信衛星を介して映像や音声を放送局に伝送する役目を果たす、衛星中継車。この車両は高知県の各所でも見かけることができるのですが、いま高知県の3つの放送局(高知放送、高知さんさんテレビ、テレビ高知)の衛星通信システムに、三菱電機の技術が採用されているのです。

高知の報道現場を三菱電機の技術が支えていると思うと、なんだか誇らしいですね。

まんが甲子園に潜入!

高校生が魂を込めて描いた漫画で日本一を決める、まんが甲子園。当社ではこの漫画甲子園に第1回から連続で協賛をしています。お遍路巡りをしている時に丁度開催されていたため、会場に訪れてみました。

「高校ペン児」と呼ばれる参加生徒達が、毎年のテーマに沿って1枚の紙に描いた沢山の漫画。一つ一つ見ていると、情熱や勢いが溢れてくるようです。

And More

旅の最終目標

四国4県にまたがったグループ展示会を開催しました。ここまで大きな展示会を催すのは、四国支社としても初めて。支社員一丸となって実施した展示会当日の様子を、こちらのページからぜひご覧下さい。

四国支社の展示会・セミナーレポート