ここから本文

AREA HIGHLIGHTS

AREA HIGHLIGHTS

知ってオドロキ 青森ならではの納入事例を対談形式でご紹介 やってオドロキ 青森編 青森のオドロキスポットを体験。写真と映像でご紹介します。

東北オドロキ探検ツアー - DISCOVER TOHOKU

VOL.1 青森で見つけたオドロキ

変身!

INTRODUCTION オドロキを見つける旅へ

今回は東北支社長のわたくし江本が、多くの方に東北を知ってもらうため、東北六県のビジネスパートナーと共に各県の「知ってオドロキ!」な三菱電機の事例を紹介。

さらに、その土地で働く人に教えてもらった地元の文化やオススメの食べもの・場所など、現地の人だからこそ知っている オドロキポイントを実際に体験した「やってオドロキ!」な様子をお届けします。

HIGHLIGHT AREA 東北支社

「環境・省エネ」「地域社会」の貢献を目指し、東北エリアを営業拠点とした活動をご紹介しています。

東北支社 地域ビジネス活動

東北市社長 江本順一(JUNICHI EMOTO)

PROMOTER わたしが紹介します!

江本 順一

関西支社や本社での勤務を経て、2014年より東北支社長に就任しましたが、東北には地縁・血縁がありません。
学生時代、探検部に所属し、登山や無人島生活を経験した大の探検好きのわたしが、各県のオドロキスポットを実際に体験します!

知ってオドロキ
青森で仕事をするということ

青森の「知ってオドロキ!」では三菱電機グループとして当社製品の販売を行っている青森三菱電機機器販売株式会社の林 均社長にお話を伺いました。青森ならではの導入事例とは一体!?そして林社長がオススメする青森のオドロキポイントを訊いてみました。

青森三菱電機機器販売株式会社 林均社長 HITOSHI HAYASHI

三菱電機の製品を
青森に送り出す

江本「青森三菱電機機器販売株式会社様 別ウインドウで開きますには、三菱電機グループとして弊社の製品の販売を担当していただいているんですよね」

林「現在は本社の他にも東北に5つ拠点を置いており、空調機器、ビル設備機器、FA機器、情報通信機器、映像機器など幅広い製品を取り扱っています」

共に青森の未来を創っていく
大切なお客様

林「私どものお客様の中で特にお付き合いが長いのは、東北地区のみならず首都圏でも活躍する有数の配電盤メーカーである東和電機工業株式会社様 別ウインドウで開きます。実は、会社設立の構想を練っているころからのお付き合いなんです。昔から三菱電機の製品を幅広く取り扱って頂いてますし、また購入もして頂いています。」

江本「本当に長きに渡り一緒に仕事をさせていただいていたんですね」

青森の名産・りんごの美しさを保ったまま
甘みをはかる方法

林「東和電機工業株式会社様は配電盤だけではなく独自の製品も開発しています。光センサー糖度計『アマミール』は果実を傷つけることなく、樹に実った状態でも簡単に糖度を測ることができるんです。青森のりんご農家やりんごの生産に関わる地元の人たちから実際に集めた意見や要望を元に開発されたんですよ」

江本「メーカーからの受注ではなく、地元に寄り添った製品なんですね。」

弘前市運動公園野球場
スコアボード向け「オーロラビジョン」

階上(はしかみ)町「津波監視カメラ」

青森を盛り上げるオーロラビジョン、
海を見つめる津波監視カメラ

林「最近の納入事例は、弘前市運動公園野球場「はるか夢球場」にスコアボードとしてオーロラビジョンを、また階上(はしかみ)町では東日本大震災での津波の被害を受けて、早期に津波を検知するための監視カメラを納入しました。階上町では元々防災無線のシステムの納入実績があり、そこから追加のニーズに応える形で納入が決まったんです」

江本「実際にいいものを納入して多くの方に見ていただくことで、また次につながっていくことを期待したいですね」

安心・信頼・期待を背負うビジネスの
継続を目指して

林「弊社が地元でどういう見方をされているかを考え、サービスからメンテナンスまで一貫してお客様のニーズに応えていくことが、結果的にお客様の信頼に繋がるのだと思うんですよね。どんなことでも『青森三菱電機機器販売に相談したら、なにかヒントを貰えるんじゃないか』と思ってもらえるような、安心・信頼・期待を背負うビジネスを続けていきたいです」

江本「当社の様々な事業や製品をうまく活用していただけるように、今後も情報共有を密にしていきたいですね」

極寒の地・八甲田山の山頂に
オドロキの絶景を求めて

江本「青森で暮らす林社長だからこそ知っている、ここはオススメという場所や食べ物はありますか?」

林「春は弘前の桜、夏は山々の新緑やねぶた、秋は奥入瀬の紅葉が綺麗ですね。冬は、八甲田山で山岳スキーができますね」

江本「社長、スキー行かれるんですか?」

林「よく行っていましたよ。山岳スキーには毎日コースが変わる面白みがあるから楽しいし、スキーをしない人でも、ロープウェーで山頂まで登れば樹氷や冬山の表情を楽しむことができます。冷えた身体は、八甲田山中の酸ヶ湯温泉で温められますしね。
あとは、青森駅のすぐ近くの市場で体現できる『のっけ丼』が美味しいですね。青森でとれる真鱈の白子は見たことありますか?親指くらいの太さがあるんですよ」

江本「見たこと無いです!そんなに大きいんですか!?」

林「あんなに大きいのは、青森以外ではあまり見られないかもしれないですよ。白子の刺し身も非常に美味しいし、あと冬はやっぱり『じゃっぱ汁』かな」

江本「なるほど。青森のオドロキポイントは決まりですね!」

やってオドロキ
やってみないと、わからない

林社長にオススメしてもらった青森のオドロキポイント。それらを体験するため、スーツから探検服に衣装チェンジ!一面雪景色の冬の青森へ、いざ出発です。

青森で出会った美しい景色。
暖かい人々、そして絶品料理。

ムービーを再生 再生

(1)のっけ丼

まずは、腹ごしらえから

青森駅から歩いて5分ほどのところにある青森魚菜センターでは、市場に並んでいる新鮮な海の幸をちょっとずつ買って自分だけの海鮮丼「のっけ丼」をつくることができるんです。

どんぶりにのせる食材の数だけ、地元の人と交わす会話。
青森人の強さと優しさが垣間見えるふれあいが、のっけ丼を更に美味しくしている気がします。

(2)八甲田山

氷点下12℃の世界に広がる雪景色を望む

奥羽山脈の北端、八甲田山。 林社長もよく山岳スキーを楽しんだという雪山で、初のスノーシュートレッキングに挑戦です。

天候は青空も見える晴天!

ダイヤモンドダストが舞う一面の銀世界を前に、青森の冬の厳しさ、そして自然の雄大さを感じます。

(3)酸ヶ湯温泉

古くから青森の人々を癒し、愛されてきた温泉地へ

八甲田山中にある酸ヶ湯温泉は、昭和29年に「国民保養温泉地第1号」として指定を受けた、国内温泉のモデルケースと言われている温泉地。

長い歴史の中で幾度となく訪れた厳しい冬、どれだけ沢山の人を温め、癒してきたのでしょうか。
趣のある建物と優しさにあふれた空間は、昔の人達にとっては極楽に思えたのかもしれません。

(4)A-FACTORY

青森のいいもの、たくさん集めました

青森駅のすぐ近くにあるA-FACTORY。開放感のある広い店内では、とことん青森県産にこだわった食材や工芸品・民芸品、青森を盛り上げる企画商品を多く取り扱っています。

中でも有名なのは「アオモリシードル(AOMORI CIDRE)」。つい、おみやげに買ってしまいました。

(5)ワ・ラッセ

じゃわめく夜に思いを馳せて

A-FACTORYの隣に建つ、ねぶたの家 ワ・ラッセでは、青森ねぶたの保存・伝承のため青森市が管理するねぶた関連の資料が展示されています。

2015年度の青森菱友会のねぶた「つがる新田 信政公と水虎様」を眺めていると、ねぶたが青森の町を力強く練り歩き、青森がひとつになって「じゃわめく」夜を思い出します。

(6)百代

青森の郷土料理を味わう贅沢時間

地元青森の新鮮な食材を使用して、見た目も味も美味しい日本料理を提供してくれる日本料理 百代。
浪内料理長が調理方法を考案した『ふじつぼ』をはじめ、一番人気と言われる鯛の白子料理やじゃっぱ汁など、青森ならではの絶品料理を満喫することができます。

四季折々の日本料理の伝統を守り、最高のおもてなしをしてくれる百代では、近海で取れる魚を新鮮なままに食べる贅沢を味わうことができました。

まとめ
青森の自然の奥深さと、
地産地消の美味しさに触れた旅

八甲田山のダイヤモンドダストと美しい樹氷、美味しい食べものなど、多くのオドロキに出会い、青森の厳しい冬を逆に堪能させてもらいました。

冬の厳しさ、雪国の過酷さに耐え、育まれてきた独自の貴重なものづくり文化や美味しいものが青森にはありました。
私たちのものづくりも、困難を乗り越えてこそ成果がでるものなのでしょう。負けられない。私たちも頑張らないとな。青森を回って、そんなことを感じました。