ここから本文

AREA HIGHLIGHTS

AREA HIGHLIGHTS

INTRODUCTION オドロキを見つける旅へ

今回は東北支社長のわたくし江本が、多くの方に東北を知ってもらうため、東北六県のビジネスパートナーと共に各県の「知ってオドロキ!」な三菱電機の事例を紹介。

さらに、その土地で働く人に教えてもらった地元の文化やオススメの食べもの・場所など、現地の人だからこそ知っている オドロキポイントを実際に体験した「やってオドロキ!」な様子をお届けします。

HIGHLIGHT AREA 東北支社

「環境・省エネ」「地域社会」の貢献を目指し、東北エリアを営業拠点とした活動をご紹介しています。

東北支社 地域ビジネス活動

東北市社長 江本順一(JUNICHI EMOTO)

PROMOTER わたしが紹介します!

江本 順一

関西支社や本社での勤務を経て、2014年より東北支社長に就任しましたが、東北には地縁・血縁がありません。
学生時代、探検部に所属し、登山や無人島生活を経験した大の探検好きのわたしが、各県のオドロキスポットを実際に体験します!

知ってオドロキ
信用と真心で、山形の発展に貢献

山形県には、三菱電機のビジネスパートナーとして、山形三菱電機機器販売株式会社様、荘内三菱電機商品販売株式会社様、髙島電機株式会社様の3社がいらっしゃいます。
今回の「知ってオドロキ」では、三菱電機の総合代理店としてFA機器をはじめ、ビル設備機器や空調機器、情報通信機器など、幅広い製品を扱いながら、地域の製造業や建設、社会インフラを支えてきた山形三菱電機機器販売株式会社の五百川 隆史(いもかわ たかし)社長にお話を伺いました。山形のオドロキポイントでも、五百川社長オススメの見どころを教えていただきましたので、ご期待ください!

山形三菱電機機器販売株式会社 五百川 隆史 社長 TAKASHI IMOKAWA

提案型営業で、
お客様のニーズに対応

江本「山形三菱電機機器販売株式会社様について教えていただけますか?」

五百川「弊社は1964年、前身にあたる『山形三菱電機商品販売株式会社』を設立、現在の山形三菱電機機器販売株式会社に社名変更したのは、1983年になります。山形市内に本社を置いており、米沢市にも拠点を構えています。」

江本「御社が特に力を入れているのは、どのようなことですか?」

五百川「弊社は幅広い製品を取り扱っていますが、お客様のニーズに合った提案型の営業を推進しています。
完結型のシステムをお客様に提供できる技術商社として、日々進化していきたいと考えています。また、そうしたニーズに対応できる人材の育成にも努めています。
多様化・高度化するお客様のニーズに応えていくためには、何が求められているかを的確に把握することが重要です。
ハード・ソフトだけでなく、アフターサービスを含む一貫した対応力が必要です。」

江本「なるほど。人材育成まで含めて、一貫した提案型営業に注力されているんですね。」

株式会社山形電機製作所 社長 石澤 真里子 様

株式会社山形電機製作所 社長 石澤 真里子 様

半世紀を超えて、共に歩む

五百川「弊社では、FA機器をはじめ、さまざまな三菱電機製品を取り扱っていますが、その中でも配電制御機器については、東日本全域で活躍されている株式会社山形電機製作所様 と、最も多くお取引させていただいています。」

江本「そうなんですね。御社との関わりは長いのですか?」

五百川「弊社の創業当初から半世紀を越えてのお付き合いで、首都圏を中心に数多くの大型プロジェクトを手がけられており、県内の産業振興に貢献されたことから『2016年度山形県産業賞』を受賞されています。」

江本「どのような納入実績があるのですか?」

五百川「山形県内においては、多目的ホールやシルバー人材センターなどの施設を備えた山形勤労福祉センター『山形テルサ』をはじめ、山形駅西口地区の複合型情報ステーションビル『霞城セントラル』、そして山形県民の健康と命を支えている『山形県立中央病院』などの施設において、電気を受電し変電、配電する配電盤や、空調設備や照明などの電気設備の電源に電気を供給する際の制御盤などの納入実績があります。」

江本「弊社の製品が山形の暮らしを支える主要施設で役立っているんですね。」

地域の快適で安全・安心な環境づくりに貢献

江本「仕事をする上で、大切にされていることはありますか?」

五百川「信用と真心をモットーに高度情報化社会に相応しい最新技術の研鑽に努めながら、電機機器の販売を通じて、山形の産業の発展、地域の人々が快適で安全・安心に暮らせる環境づくりに貢献していきたいと願っています。」

江本「地域にしっかり根を張り、貢献されている。その一貫した姿勢に頭が下がります。山形の将来に対して、ビジョンはお持ちですか?」

五百川「山形市は、全国の県庁所在地の中でも、第二次大戦時の空襲による戦災を免れた珍しい街です。
そのため、当時の姿のまま、歴史的建造物や古の文化が残る素晴らしい土地。これから東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、私たちの事業を通じて観光振興や産業振興に貢献することで、次世代の魅力的な山形県を多くの方々に発信していきたいと考えています。不易流行を大切にしながら、山形県内のお客様と共に、持続的な成長をめざし、一層の努力を続けていきたいと考えています。」

とっておきの山形を探しに

江本「ところで五百川社長、山形で美味しい食べ物や、ご自身が好んで召し上がる料理はありますか?」

五百川「山形はさくらんぼやラ・フランスといった果物の宝庫として有名ですが、何と言っても“芋煮”です。『日本一の芋煮会フェスティバル』で全国にPRしていますが、山形市内を流れる馬見ヶ崎川の河川敷では、9〜10月にかけて家族連れや会社のグループが“芋煮会”を開いています。
里芋、こんにゃく、牛肉、ネギ、キノコ類などを醤油ベースで煮たもので、食材に恵まれた山形ならではの一品です。
秋になると、家庭でも毎夕のように食べますし、宴会や飲み屋さんでも必ず出ますが、何度食べても誰も文句を言わないというのは、嘘のようなホントの話です。芋煮は、ぜひ味わっていただきたいですね。
それと芋煮になくてはならないのが、お酒。山形には酒蔵がたくさんありますが、県内でも指折りの酒蔵なのが天童市の『出羽桜酒造』様です。こちらは、三菱電機製品のユーザー様でもあるんですよ。」

江本「そうなんですね。これで山形のオドロキポイントが決まりました!ありがとうございます。今から楽しみです。」

やってオドロキ
山形のものづくり魂を探しに

五百川社長に伺った山形のオドロキポイントを探しに、早速、出発!山形のとっておきは、どんな出会い・感動が待っているのか、楽しみです!

山形で出会った美しい景色。
ものづくりを支える人々との出会い。

ムービーを再生 再生

(1)出羽桜酒造

伝統の酒造りに触れる

五百川社長からご紹介いただいた出羽桜酒造様は、明治25年創業で、100年以上の歴史を持つ老舗の酒蔵。地元に根づきながらも、海外のコンクールで1282銘柄の頂点「チャンピオン・サケ」に輝くなど、海外でも知られています。地元のお米と水で造られた日本酒は、郷土への思いに溢れた美味しく、香り豊かなお酒です。
実は三菱電機製品の古くからのユーザー様でもあり、工場内の換気扇をはじめ、酒瓶の洗浄工程・瓶詰工程の制御盤、専用の精米機の心臓部やもろみを絞る圧搾機にも、三菱電機製の機器をご利用いただいています。
この日、見学させていただいた山形工場での仕込みの工程では、蒸し上がったお米を熱々のうちに手分けして運び、お米を均して麹をまぶし、布をかけて寝かすまでの見事な連携プレーと手際のよさに脱帽。手間と根気と愛情を注いではじめてできる酒造りの一端に触れることができました。

(2)山寺 立石寺

五大堂から望む山々の紅葉に、息をのむ

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という松尾芭蕉の俳句で知られる山寺 「立石寺」は、四季折々の表情が楽しめる豊かな自然に恵まれた名刹です。正しくは「宝珠山 立石寺」といい、貞観2年(860)年に慈覚大師・円仁によって開山された天台宗の霊山。奇岩怪石に覆われた岩壁に張り付くようにお堂が点在します。

あいにくの小雨模様の中、1015段の長く急な石段を縫うように進みます。途中、芭蕉がしたためた短冊を埋めて塚を立てたという「せみ塚」を見ながら、ようやく舞台造りの五大堂にたどり着くと、雨も上がり、青空が覗いていました。御堂から望む絶景は、山々を覆う紅葉が雨に濡れて鮮やかに輝き、息をのむほどの美しさでした。

(3)香味庵 まるはち

山形三昧で、郷土の美味しさ堪能

ここは、明治18年創業の「丸八やたら漬」さんが営む食事処。創業100年の蔵座敷は国の登録有形文化財にも指定されており、趣ある蔵の中でお漬物と地酒と郷土料理を味わえます。この日、いただいたのは、山形名物「山形三昧」。
お店自慢の漬物寿司に、山形名物のぶっかけそばと芋煮、菊のおひたし、ヘラタケの煮物が載ったお膳料理です。
ここでしか味わえない美味をたっぷりいただき、大満足でした。実はこちらの店長は、山形の歴史に詳しく、山形市内の歴史的な名跡などが紹介されている「城下町やまがた探検地図」も作成されており、いろいろ教えていただきました。

(4)もみじ公園

庭園で、秋を存分に味わう

もみじ公園は、もともとは山形でも最大級のお寺として知られる真言宗の宝幢寺(ほうどうじ)の庭園。

住宅街にひっそりと佇むこぢんまりとした公園ですが、池の周りを周遊できる池泉回遊式の庭園で、色づいたもみじが池の水面に映り込むので、紅葉の美しさはさらに際立ちます。秋真っ盛りだったので観光客が次々と訪れ、賑わっていました。

(5)仲野観光果樹園

りんご狩りと芋煮を満喫

ここはりんご、さくらんぼ、もも、ぶどう等の季節のくだもの狩りをはじめ、創作フルーツカフェ、芋煮会も楽しめる人気の観光スポットです。スタッフの方と一緒に「レッツ、アップル!」の掛け声で、りんご狩りスタート。
赤く熟したりんごは、手がベタつくほど蜜たっぷりで、とてもジューシーです。りんご狩りの後は、名物の芋煮。
具材に牛肉も入りますが、主役はあくまでも芋。山形の家庭では秋になると、バーベキューをしながら芋煮を楽しむそうです。野菜と肉の出汁がよく出てて、とても美味しくいただきました。外で食べると、美味しさも倍増です。

(6)将棋むら天童タワー

伝統工芸の技を体験!

天童市は将棋駒の生産量が日本一。人気の観光スポット・将棋むら天童タワーで、彫駒教室を体験しました。

手の平くらいの将棋駒に好きな文字を彫り、飾り駒にします。文字を印刷した紙を駒に合わせ、カーボンで転写。彫刻刀で彫っていきます。
軽く刃を入れ、駒を回しながら彫るのですが、力を抜いて彫るのが難しく、伝統工芸の熟練の技との違いを実感。でも、墨入れした“絆”という文字はなかなかの仕上がりになりました。満足。

まとめ山形の人々との交流を通じて、
ものづくりの素晴らしさを再発見した旅

今回は、地域と共に生き、ものづくりを支える人たちと出会い、その熱い思いに触れることができた旅でした。
山形に根づき、地元の人々との関わりや絆を大切にしながら、それぞれのものづくりにこだわる真摯な姿は、三菱電機の姿勢にも通じるものを感じます。
彫駒体験で「絆」という文字を刻んだのも、ここでの出会いを心に刻み、これからもいろいろな人とのつながりを大切にしていこうという決意を新たにしたから。ものづくりの素晴らしさと人との出会い・絆の尊さを再発見しました。