ここから本文

DSPACE

  • DSPACEトップページ
  • DSPACEコンテンツメニュー

ここから本文

NASAからレポート 山崎直子飛行士 宇宙へ! スペースシャトル最後の日本人搭乗者となる山崎直子飛行士が、2010年いよいよ宇宙へ!DSPACEでは、打ち上げを見届けにNASAへ向かった「読む宇宙旅行」の林公代さんによる現地レポートをお届けします!見納めになるのか?シャトルの勇姿。そして、もちろん山崎直子飛行士ご本人の様子など、現地から関係者の生の声をご紹介します。

2010年4月6日

世界一ビッグな宇宙ショップ@NASA

  • ケネディ宇宙センターに隣接する観光施設ビジターコンプレックス内部。電光掲示板には前日の打ち上げ成功が報じられていた。
    ケネディ宇宙センターに隣接する観光施設ビジターコンプレックス内部。電光掲示板には前日の打ち上げ成功が報じられていた。
  • 世界最大の宇宙ショップ内では、引退した宇宙飛行士(1989年と1990年にシャトルで飛んだロバート・スプリンガー氏)がサイン会を行っていた。
    世界最大の宇宙ショップ内では、引退した宇宙飛行士(1989年と1990年にシャトルで飛んだロバート・スプリンガー氏)がサイン会を行っていた。

 打ち上げ取材という最大のミッションを終えたが、もう一つのお楽しみが残っている。それは宇宙グッズを買うこと。なんせKSCの観光施設ビジターコンプレックス(Visitor Complex)には、「世界最大の宇宙ショップ」(パンフレットに書かれていた)があるのだ。

もちろんビジターコンプレックスにはショップだけでなく、シャトル発射台やISS組み立て施設を見学するバスツアー、シャトルの打ち上げ体験(結構楽しい)、宇宙飛行士が撮影した映像を巨大スクリーンで楽しめるIMAXシアターなど様々なアトラクションがあり、1日で回りきれないほど。「宇宙飛行とランチ!」なんてイベントも行われている。

私の今回のお目当ては二つ。IMAXの新しい映画「HUBBLE 3D」を見ることと、ショップで新しい本を買うこと。IMAXのハッブル3Dは公開されて間もないせいか、開始30分前から長蛇の列という人気ぶり。内容は素晴らしかった。ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した天体の中に飛び込んでいけるのだ。遠い宇宙にある美しい天体が目の前に迫り、その中にゆっくりと入っていく。まるで恒星間宇宙で宇宙遊泳を行っているかのようだった。

  • ここはNASA近くにあるTシャツやさん。「ビジターコンプレックスより安くて、宇宙飛行士の家族がよく買いに来るわよ」と店員さんが言うとおり、今回山崎さんと一緒に飛行した女性飛行士の従兄弟が買いに来ていた。
    ここはNASA近くにあるTシャツやさん。「ビジターコンプレックスより安くて、宇宙飛行士の家族がよく買いに来るわよ」と店員さんが言うとおり、今回山崎さんと一緒に飛行した女性飛行士の従兄弟が買いに来ていた。
  • NASAショップその他で今回私が買ったお土産(定番Tシャツも買ったが既にプレゼント済み)。合計1万5千円ぐらいか・・。
    NASAショップその他で今回私が買ったお土産(定番Tシャツも買ったが既にプレゼント済み)。合計1万5千円ぐらいか・・。

そしてショップへ。ここは8000アイテムもの商品が揃えられているという。Tシャツ、マグカップ、キーホルダー、おもちゃ、本、ポスター等々、NASAや宇宙グッズがてんこ盛りだ。その品揃えに昨年から変化が見られた。以前のTシャツはミッションマークを胸にどーんとあしらったものが多く、買ったはいいが日本では恥ずかしくて着られず、引き出しに眠ることも多かった(涙)。だがNASAはマーケティングに力を入れたのか(!?)、ミッションロゴを控えめにし、デザイン性を重視したTシャツやフリースが並んでいたのだ。

私が時間を費やすのは、2階の書籍コーナー。天体や宇宙飛行関連の絵本、写真集、宇宙飛行士の著作、DVD、CD、ポスターが壁一面に並ぶ。本好きにはたまらない。「なかなか来られないから」と買いこんで結局、英語を訳すのが面倒で放っておくのがオチと知りつつ、また買ってしまう。今回は宇宙服のカッコイイ本をゲット(近くのショッピングモールの本屋さんでも、巨大な宇宙本をセールで買ってしまい、帰国時に後悔した)。

このショップで日本人の知り合いに遭遇して話し込み、次に行く予定の「US Astronaut Hall of Fame(宇宙飛行士の殿堂)」を今回も逃してしまった。シャトルが今年で引退するなら、次に来るのはいつになるのか。ここは宇宙を身近に感じ、元気がもらえる場所。今後どう変化していくのか、ウォッチしていきたい。