DSPACE

DSPACEメニュー

テキスト版

DSPACEオススメのドキュメンタリードラマ ナショナル ジオグラフィック「マーズ 火星移住計画」DSPACEオススメのドキュメンタリードラマ ナショナル ジオグラフィック「マーズ 火星移住計画」

DSPACEオススメの
ドキュメンタリードラマ

ナショナル ジオグラフィック「マーズ 火星移住計画」

常に世界の驚きの事実を伝え続けるナショナル ジオグラフィックで、DSPACEファン必見のプログラム「マーズ 火星移住計画」が11月15日(火)より、毎週21時~22時に放送されました。

本作品は、映画のようなスケールで近未来を描くドラマと、現代の宇宙科学の開発現場を捉えたドキュメンタリーが融合した、今までにないドキュメンタリードラマ作品です。最新の宇宙開発のインタビューや細部のディテールまで拘った火星の映像表現など、DSPACEファン必見のドキュメンタリードラマになっています。

そんなハイクオリティの宇宙エンターテインメント作品、DSPACEスタッフの注目ポイントはこちら!

ドラマパートの注目ポイント ハリウッド豪華制作メンバーによる宇宙と火星の圧倒的な映像表現!

ドラマパートでは、西暦2033年の世界を舞台に、宇宙船“ダイダロス”に乗り込む6人の宇宙飛行士たちの“人類初の火星有人ミッション”の様子が描かれます。

そしてそのドラマのクオリティを高めているのが豪華な制作陣。『アポロ13』のロン・ハワードが監督を務め、『ゼロ・グラビティ』でアカデミー視覚効果賞受賞に貢献したフレームストア社が、作品のビジュアルを仕上げる最終工程を担当しています。

宇宙船ダイダロスや、作中に描かれる人類初の火星開拓地オリンパス・タウンのデザインはNASAとスペースXの助言を得て、細部のディテールまでこだわり抜いており、宇宙空間の映像に目の肥えたDSPACEファンも納得の圧倒的な宇宙と火星の姿を見ることができるのです!

ドキュメンタリーパートの注目ポイント 現代のトップ科学者たちのインタビューを数多く収録!

ドキュメンタリーパートでは、NASA長官のチャールズ・ボールデンや、ナショナル ジオグラフィックの番組でお馴染みの科学者ニール・ドグラース・タイソン、『コスモス:時空と宇宙』のエグゼクティブ・プロデューサーのアン・ドルーヤンなど、現代の宇宙工学の発展・研究をリードする科学者たちのインタビューを通して、現代の火星探査への取り組みが語られます。

その他公的機関と民間企業双方の多数の専門家による協力の下、舞台設定、美術、脚本、演技指導を始め細部にわたるまでリアリティを追及することを重視。ただのSFではなく、未来を描くストーリーの中で現代科学がどのような役割を果たしていくのか、DSPACEファンの知的好奇心を満たしてくれます。

豪華制作陣による長編映画のクオリティを誇るドラマと、現代における最高峰の有識者が火星移住の可能性を語るドキュメンタリーが織りなす、最高レベルのエンターテインメント「マーズ 火星移住計画」、ぜひDSPACEの火星関連コラム とあわせてお楽しみください!

画像提供:©National Geographic Channels ©National Geographic Channels/Robert Viglasky ©National Geographic Channels/Erin Patrice O'Brien

「マーズ 火星移住計画」のより詳しい情報は公式サイトをご覧ください。

「マーズ 火星移住計画」公式サイト 新しいウィンドウが開きます