三菱電機:先進技術を結集せよ | ZEBを支える技術

02

エネルギー効率化の
その先へ。
エネルギー効率化のその先へ。

ーZEBを支える技術ー

未来のビルは、地球と人を
もっと快適にする。
未来のビルは、地球と人をもっと快適にする。

私たちの暮らしを支えている経済活動は、オフィスビルや商業ビルによって成り立っています。三菱電機は、利用者にとっての「更なる快適性」の実現のため、先進技術を組み合わせていきます。それは、『便利であること』と『エネルギー消費を抑えること』を当たり前とした未来社会の姿です。

三菱電機が
取り組むZEB (ゼブ)※1
※1 ZEBは「net Zero Energy Building」
(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の略称

人の動きに対応し、
快適性と生産性を
提供できる環境づくり

ZEBに求められる省エネと創エネと蓄エネによる効率化を行い、利用者の動きを感知して高度に制御。
利用する人すべてに快適性をもたらし、生産性が向上するという、更なる価値を生み出していきます。

三菱電機が目指すZEBとは?

ZEB=ネット・ゼロ・エネルギー・ビルは、
省エネと創エネで、エネルギー消費量を大幅に削減し、
年間エネルギー収支がプラスマイナスゼロ(もしくは創エネ量>消費量)になる建築物のことです。
低炭素社会実現のために政府も積極的に推進しており、実現のためには、
「躯体の高断熱化」に加え、「高効率設備の導入」と「運転の効率化」、
そして「運用開始後のエネルギーマネジメント」がカギとなります。
三菱電機は、ZEBの実現を目指す事業者へのプランニングや業務支援を行う
ZEBプランナー※2の登録を行い、普及に貢献しています。

※2 経済産業省の政策をもとに、一般社団法人 環境共創イニシアチブによる審査・登録を経て、ZEBの実現を目指すビルオーナー様に対し、
適切にZEBコンサルティングを行う法人を指します。

ZEBの定義

快適な室内環境を保ちながら、高断熱化・自然エネルギー利用、5設備(空調、換気、照明、給湯、昇降機)の高効率化と高度な制御で、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創る事で、以下の定量的要件を満たす建築物です。

  • 『ZEB』

    ZEB Readyの要件を満たしつつ、再生可能エネルギー※3を加えて、基準一次エネルギー※4消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

  • Nearly ZEBニアリーゼブ

    ZEB Readyの要件を満たしつつ、再生可能エネルギー※3を加えて、基準一次エネルギー※4消費量から75%以上100%未満の一次エネルギー消費量削減

  • ZEB Readyゼブレディ

    再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー※4消費量から50%以上の一次エネルギー消費量削減

※3 太陽光や風力、地熱といった地球資源の一部など、自然界に常に存在するエネルギーのこと。

※4 平成28年省エネルギー基準において、地域、建物の用途および部屋の用途毎に定められている、冷暖房、換気、給湯、照明、昇降機などのエネルギー消費量の合計値。

ZEBの実現方法
  • ZEBの定義
  • ZEBの実現方法
  • 快適な室内環境を保ちながら、高断熱化・自然エネルギー利用、5設備(空調、換気、照明、給湯、昇降機)の高効率化と高度な制御で、
    できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創る事で、以下の定量的要件を満たす建築物です。

    • 『ZEB』

      ZEB Readyの要件を満たしつつ、再生可能エネルギー※3を加えて、基準一次エネルギー※4消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

    • Nearly ZEBニアリーゼブ

      ZEB Readyの要件を満たしつつ、再生可能エネルギー※3を加えて、基準一次エネルギー※4消費量から75%以上100%未満の一次エネルギー消費量削減

    • ZEB Readyゼブレディ

      再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー※4消費量から50%以上の一次エネルギー消費量削減

    ※3 太陽光や風力、地熱といった地球資源の一部など、自然界に常に存在するエネルギーのこと。

    ※4 平成28年省エネルギー基準において、地域、建物の用途および部屋の用途毎に定められている、
    冷暖房、換気、給湯、照明、昇降機などのエネルギー消費量の合計値。

3つのSynergy 3つのSynergy

  • 01
    高効率な設備で

    省エネ・創エネ・
    蓄エネ

  • 02
    センシング&連携制御で

    さらに省エネ

  • 03
    ワンストップ対応の
    保守・サービスで

    継続的な省エネ&
    ビルまるごとサポート

01
高効率な設備で
省エネ・創エネ・蓄エネ

ZEBにおける省エネ率の計算対象である空調、換気、照明、給湯、昇降機で省エネ性能の高い製品を提供。
ZEB実現のベースとなる基準一次エネルギー消費量50%以上の低減を実現します。

空調
高効率空調機器
省エネ・快適性の高い
オフィス環境を実現。
換気
全熱交換器
室内の熱を逃さず換気し、
空調負荷を下げることにより
省エネを行う。
照明
LED照明
高効率LEDと調光制御で
省エネを行う。
給湯
ヒートポンプ給湯
エコキュートをはじめ、
高効率ヒートポンプ給湯を行う。

*「エコキュート」の名称は電力会社・
給湯機メーカーが自然冷媒CO2ヒートポンプ
給湯機を総称するペットネームとして
取り扱っております。

昇降機
エレベーター
エレベーター自体の高効率化はもちろん、
回生コンバータにより建物の省エネにも貢献。
創エネ
太陽光発電
自然エネルギーを利用した、
太陽光発電システム。
蓄エネ
電気自動車(EV)用
パワーコンディショナ
EVへの充電機能、逆にEVに貯めた
電気を使用することも可能。
双方向の電気を最適利用。
受配電設備
スマート中低圧直流配電
ネットワークシステム
交流・直流の変換ロスを効率的に
減らすことで
省エネに貢献します。

02
センシング&連携制御で
さらに省エネ

エネルギー管理システムや入退室管理システム、
パーソナル最適換気・空調制御/パーソナル最適照明制御など快適で効率的な利用環境を提供します。

出入口
入退管理システムと設備
(空調、照明、昇降機)の連携

入退管理システムと設備を連携させることで、
入退室ログから一律制御で
人数の少ない部屋などのムダを省き、
省エネを実現。

オフィス
複数のセンサー制御で
スペース用途に合わせた快適空間を実現
パーソナルワークスペース
各デスクに配置された人感センサーで
在席/不在を検知し、空調・照明を効率的に
制御します。
リラクゼーションゾーン
空間をセンシングして分割、
該当エリアの人を検知し
ゾーン空調制御します。
ビル設備
BEMS(ベムス)※5による
エネルギー最適化を実現

様々なビル設備の一括管理により、
効率的な省エネの制御を可能にします。

※5 ビルエネルギーマネジメントシステム

03
ワンストップ対応の
保守・サービスで
継続的な省エネ&
ビルまるごとサポート

24時間365日 事業者様の設備を見守り、故障や事故の発生時には
全国に配置したサービスエンジニア体制(保守サービス会社)で長期にわたりZEBの維持をサポートします。

ビル設備運用システムと
運用サポート
ファシーマ サポート契約

ファシーマ独自のサービス内容と充実したサポート体制で、ビル設備運用の効率化とエネルギー管理を実現します。

空調設備を24時間オンラインで
遠隔監視する先進システム
く〜るリモートメンテ

ビルの暑さ寒さをコントロールする
空調設備をリアルタイムで見守ることで、
快適・省エネ・安心をサポートします。

高品質・高機能のエレベーター
メンテナンスサービス
エレファースト・アイ

充実した基本サービスをベースに、自由に選べるフレキシブルメニューを組み合わせることで、多様なニーズに合わせたメンテナンスを提供します。

地球環境と
利用者一人ひとりの
快適性のために
技術を組み合わせて
持続可能な低炭素社会の実現に
貢献していきます。

  • facebook
  • twitter
ページトップへ