メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • Event Report

  • イベントレポート
  • 2010年 7月号(No.158)
  • 「グリーンIT EXPO」出展報告
  • 環境・省エネ対策をはじめ、業務効率化、コスト削減を支援する
    グリーンITソリューションを紹介

去る5月12日(水)から5月14日(金)の3日間、東京国際展示場(東京ビッグサイト)にて、「第2回グリーンIT EXPO」が開催されました。
三菱電機グループは、複数拠点にまたがるビル、工場の環境・省エネ対策を推進する環境経営推進ソリューション、仮想化技術によるサーバ統合と運用を効率化するソリューション&サービス、移動コスト削減に貢献するビデオ会議ソリューションなどを出展しました。
環境関連の法改正、自治体条例への対応、CO2排出量の削減など環境・省エネ対策への取り組みが重要な経営課題と位置付けられるなか、多くの来場者から注目が集まりました。

画像:三菱電機グループブース ■三菱電機グループブース

画像:環境経営推進ソリューション「MELGREEN」

■環境経営推進ソリューション「MELGREEN」
ビル管理システムや生産管理システム、情報システムなど各種システムから発生する、環境情報データ(エネルギー使用量、温度、etc)や環境情報以外のデータ(設備管理データ、セキュリティーデータ、財務データ、etc)を一元管理。すべてのデータの高速分析と環境経営に必要な情報の「見える化」により、経営判断から現場の問題抽出まで、あらゆるレベルの意思決定を支援します。

画像:トータル環境経営ソリューション「DIALCS」

■トータル環境経営ソリューション「DIALCS」
改正省エネ法対象企業や、それらの企業をテナントとするビルオーナーに向けて、エネルギー情報全体を把握し、個々の部門の利用状況をわかりやすく表示して、CO2排出削減施策のPDCAサイクルを総合的に支援します。
「ビルオーナーとテナント」「環境施策部門と従業員」「本部と店舗」などといった立場に関わらず、クラウド技術で結ぶコミュニケーションポータルにより全員がエネルギー使用量を確認可能。共通の目的意識を持って環境経営に取り組むことができます。

画像:サーバ統合・仮想化ソリューション&サービス「VMINTEGRA」

■サーバ統合・仮想化ソリューション&サービス
  「VMINTEGRA」

設計済みの仮想化環境を標準搭載。複数のシステムを1台のハードウェアに統合でき、簡単・低コスト・短期間で、省エネ・省スペースを実現します。さらにサーバ統合に伴い必要となる統合運用・監視ミドルウェアやサポート&サービスをオールインワン・ワンストップで提供。日常の情報システム運用も集約でき、お客様のITコスト削減をスピーディーに実現します。

画像:ビデオ会議ソリューション、電子帳票配信サービス、モバイルネットワークサービス

■ビデオ会議ソリューション、電子帳票配信サービス、
 モバイルネットワークサービス

IPネットワークを利用することで会議室や通話料金を気にすることなく、様々なビジネスシーンで活用することで移動コスト削減を実現する「ビデオ会議ソリューション」。
様々な形式の帳票や伝票を電子署名付きPDF帳票として作成し、インターネットを使って、安く、早く、そして安全・確実に配信できる「電子帳票配信サービス」。
出張先、外出先から社内のイントラネットへセキュアにアクセスできる「モバイルネットワークサービス」。

▲ ページトップに戻る