メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • Product Report

  • プロダクトレポート
  • 2012年 4月号(No.175)
  • 無停止型システムをバックボーンとし、安定・安心の基幹システムを実現!
  • 三菱電機データセントリックソリューション
    「CENTRAGEU(セントレージツー)シリーズ」のご紹介

信頼性を高め、安定稼働を実現したい。ITシステムを利用される多くのユーザ様の要望に応えるべく、三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社(MDIT)と米国ストラタステクノロジー社の共同開発により、新ビジネスプラットフォーム「CENTRAGEUシリーズ」は登場しました。主要コンポーネントを完全二重化し、万が一のハードウェア障害時もシステムを停止せずに復旧できる機能を搭載。導入・運用は冗長化などの専門知識は不要で、シングルサーバの容易さでお使いいただけます。また、CENTRAGEUシリーズは、永年にわたりユーザ様が蓄積してきたプログレスUアプリケーション資産や業務ノウハウを継承できるだけでなく、企業内に分散しているPCサーバを同一サーバ内に統合することができます。ビジネス環境の変化を見据えて、運用性・信頼性・資産継承を強化し、安心・快適に長く使える新ビジネスプラットフォーム製品です。

特長1 主要コンポーネントの二重化構成

CENTRAGEUシリーズは、CPU、メモリ、PCI、ディスク、電源等の主要コンポーネントを二重化することで、止まらないシステムを実現。一方に障害が発生しても、他方のコンポーネントのみで運転が可能なため、システムを止めることなく修理やパーツの交換を行えます。

図:特長1

▲ ページトップに戻る

特長2 お客様の資産継承

仮想化環境上でDP-UXやお客様のアプリケーション資産を継承する仕組みとして、DP-UXエンジンをご提供します。三菱独自の技術により、RDB操作やソート処理をDP-UXとは別に高速処理する「GREO」などの機能を提供しています。

図:特長2

▲ ページトップに戻る

特長3 安定・安心を約束するCentmonitor

システム全体の安定・安心を見守る仕組みを提供するために、「Centmonitor(セントモニター)」を採用。アプリケーションからハードウェアまでシステム全体の死活監視、異常監視などを一元的に実行し、異常を検知した場合はメールにより通知が可能です。

図:特長3

▲ ページトップに戻る

特長4 主要部分を二重化、システムをとめずに復旧

CENTRAGEUは、主要部分に二重化構造を採用。正常運転時は二重化した1台のサーバとして動作し、万が一故障が発生すると故障部分を切り離し、正常な部分でシステムを止めることなく連続運転します。システムをまったく止めることなく、新しいパーツを丸ごと交換することが可能です。連続運転しながらシステム全体を再同期させ、無事に復旧することができます。

図:特長4

▲ ページトップに戻る

特長5 充実の運用管理ツール

統合したシステムを安定基盤に搭載し、効率的に運用・管理する機能が求められています。CENTRAGEUでは、アプリケーションからハードウェアまでシステム全体を監視し、異常時にメール通知する「Centmonitor」を提供。また、 「VM自動運転スケジューラ」は仮想マシンごとに電源ON時のジョブ起動や時刻起動ジョブなど、きめ細やかにスケジュール設定が行えます。これによりシステム管理者の運用負荷軽減を支援します。

図:特長5

▲ ページトップに戻る

ラインアップ