メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • Product Report

  • プロダクトレポート
  • 2012年 8・9月号(No.179)
  • 介護事業者様向け情報
  • 豊富な納入実績で、介護と福祉の現場を変える!
    介護・福祉総合ITソリューション「MELFARE」のご紹介

画像:ロゴ

すでに複数施設で運営されている事業者、今後事業の拡大を進める事業者にとって、ご利用者様へのサービス内容の充実とともに、派遣ヘルパーを含めた人の管理、各利用サービスのデータ連携など本部と各施設を結ぶ統合システムの構築が求められています。株式会社三菱電機ビジネスシステム(MB)は介護・福祉業界に30年以上携わり2012年4月までに1700施設を超えるシステム導入を行っています。
介護・福祉総合ITソリューション「MELFARE(メルフェア)」は介護福祉業務管理システム「ほのぼのNEXT」をシステムの中核として施設様をとりまく様々な情報管理に対応いたします。MBは介護福祉業界専門要員による全国組織『ウェルネス事業部介護グループ』をこの4月から発足、全国の介護・福祉事業者様へのサポートをさらに強化しました。
新たにスマートデバイスをランナップに加え、より一層の介護・福祉事業者様のサービス品質向上をめざしています。

小規模事業所様〜大規模法人様までお客様の事業形態に合わせて最適なソリューションをご提案します。
福祉業務支援ほのぼのシリーズ

福祉業界向けの業務支援ソフトとして、必要な機能を必要に応じて導入することができます。

説明図

連携ソリューション

国保伝送データ集計ツール・食堂喫食管理システム・サービス利用確認システムなどお客様のニーズに合わせてご提供いたします。

連携ソリューション

導入事例
 システムの一元化とスマートデバイスを活用した
 リアルタイムの履歴確認により
 きめ細かなサービス提供を実現!

イラスト

●お客様の概要

昭和61年、誰もが利用できる福祉サービス、とりわけ特別養護老人ホーム等の施設サービスをめざし設立され、現在特養4施設、デイサービス3施設を開設。施設全体で約200床、常勤職員数220名以上規模の施設様です。

●システム入れ替えの要件は高いセキュリティー機能とデータの一元管理

従来当該施設様では請求システムと記録システムで別々の導入を行っており、事務側と現場で2重管理が発生していました。ケアの記録もバーコードの読み込みによるもので、履歴の確認やリアルタイムでの登録ができていませんでした。
システムの見直し要件として請求と記録のデータの一元管理、ケア記録のリアルタイムでのデータ連動、そしてセキュリティー管理を求められました。

●高度なセキュリティー機能

個人情報の取り扱いには十分に注意が必要な業界ですが、お客様はセキュリティ−対策を特に重要視されました。基幹システムを仮想化し、各クライアントPCには情報を残さない運用を、ファイルサーバやUSBメモリの使用などは専用のログ監視ソフトによるセキュリティー対策を行っています。

●スマートデバイスを利用したサービス品質の向上

ご利用者様の情報を、1つのシステムで一元管理ができるようになり業務効率化を果たすとともに、サービス品質の向上に取り組みました。スマートデバイスの導入は職員が現場でリアルタイムに履歴を見ながらケアを行えるようになったこと、例えば発熱があったので入浴は控える等ご利用者様の状態に応じたサービスの提供につながりました。ご利用者様からもより安心した施設の利用につながったと評価をいただくことができました。

●トータルサポートで安心の運用

MBのセキュリティー提案、システム・インフラ・ハードウェアをワンストップでサポートする安心の運用に高い評価をいただきました。また費用面についてもシステムを一元化することで、保守費の削減につなげることができました。現在、人事・給与・就業・会計等バックオフィス業務についてシステムの導入の取り組みを開始しています。
MBは、お客様のめざす地域の福祉人材育成事業を支援していきます。

構成概要

お客様システム構成概要

▲ ページトップに戻る

▲ ページトップに戻る