メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • Product Report

  • プロダクトレポート
  • 2012年 12月号(No.182)
  • ネットワーク稼働状態の「見える化」を実現する
  • ネットワークインフラ性能情報提供システム
    「Shinzy plus」のご紹介

三菱電機情報ネットワーク株式会社(MIND)では、MINDの広域ネットワークサービスをご利用いただいているお客様を対象に、トラフィック性能情報を提供するツール「MIND-Shinzy(マインド シンジー)」や拠点間の通信レスポンス性能情報を提供するツール「MIND-RooQ(マインド ルーク)」を提供してきました。
ところが、近年のIT環境の変化に伴い、クラウド環境におけるサーバー性能の傾向把握が困難になるなどの課題が顕在化。そこで、ネットワークインフラを構成する機器、回線の利用傾向の容易な把握を目的として、新たにネットワークインフラ性能情報提供システム「Shinzy plus(シンジー プラス)」を開発し、提供を開始しました。

Shinzy plusの特長

@ツールの統合による操作性の向上
「MIND-Shinzy」と「MIND-RooQ」の機能を統合し、単一の画面操作を実現。
ネットワーク運用情報ポータル「MIND-OASIS」との連携による情報提供。
Aネットワーク全体の「見える化」
全拠点のネットワーク性能情報(トラフィック/通信レスポンス)を信号機アイコンで一覧表示することにより、ネットワーク全体の「見える化」を実現。
蓄積されたノウハウに基づく比較パターン表示でネットワークの「見える化」をサポートする分析アシスタント機能の搭載(今後提供予定)
Bサーバー利用傾向の「見える化」
サーバー利用傾向を把握するためのサーバー性能情報(CPU、メモリー等)の提供(今後提供予定)
C障害解析支援
障害発生時の切り分けを支援するための解析サポート機能の搭載(今後提供予定)
Dマルチ言語対応
日本語、英語による言語表記。

Shinzy plusの画面イメージ

Shinzy plusの画面イメージ

概要イメージ

Shinzy plusの概要イメージ

▲ ページトップに戻る

▲ ページトップに戻る