メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • 新年のご挨拶

  • 2014年 1・2月号(No.193)

人物写真

「快適・安心・発展−DiamondSolution」により
社会の変化に対応した情報セキュリティーに優れた
ソリューション・サービスをご提供してまいります

三菱電機株式会社
常務執行役
インフォメーションシステム事業推進本部長
吉永 徹(よしなが・とおる)

 明けましておめでとうございます。
 お客様ならびに関係各位に置かれましては、ますますご清栄の事とお慶び申し上げます。
 平素は格別のお引き立て、ご高配を賜り、心より御礼申し上げます。
 2014年の新年を迎えるにあたり、皆様に一言ご挨拶申し上げます。

 昨年を振り返りますと、年初からの円安、株高や異次元の金融緩和などデフレからの脱却を目指した「アベノミクス」効果により、年初前半は景気回復の期待先行の中で推移し、年後半より、業界により差はあるものの、前向きな景気を感じる経営環境になってきたのではないかと思います。一方、地球温暖化の影響か台風が多数発生し、過去に経験のない風雨などによる大災害も発生し、災害対策の重要性をますます感じたところでもあります。

 そのような中でITサービスの業界においては、政府や企業に対する標的型サイバー攻撃が一般化し、その対策に日々追われている状況となっています。企業の情報システムとしては、事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)を考慮し、標的型サイバー攻撃に対処をする上でも、企業内でのITガバナンス強化の方向性が打ち出されています。また、企業の中で、スマートフォンやタブレット端末が営業活動やテレビ会議などで活用されはじめ、経営における意思決定の迅速化が進められています。一方、スマートな社会の実現のために、様々な機器とITを連携し、省エネ社会の実現、災害に強い街づくり、社会インフラに対する予防保全などが求められています。さらに、それら機器からくる膨大なデータを活用し、事業価値をさらに高めるサービス化も求められています。

 当社およびグループ各社では、「快適・安心・発展−DiamondSolution」のスローガンのもと、三菱電機グループの総合力を発揮し、変化を的確に捉え、お客様のニーズに対し真摯な姿勢で取り組み、変化の先にある技術を磨き、お客様から一層信頼されるパートナーを目指して全力で取り組んでまいります。

 これまでのご支援に厚く感謝申し上げるとともに、お客様のご支援・ご指導を頂きながら弛むことなく前進し続けたいと考えております。何卒よろしくお願い申し上げます。

▲ ページトップに戻る

DiamondSolutionスマートな社会の実現に向けて
社会の中で、企業の中でキラッと光るソリューションを創ります

お客様の経営戦略に踏み込んだご提案から、最先端のシステム・製品、さらに運用保守を含めたサービスを、三菱電機インフォメーションシステム事業グループ各社の強みを生かしシナジー効果を発揮することで、社会・企業の中で、“キラッ”と輝く価値あるソリューションを提供いたします。

説明図

▲ ページトップに戻る