メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • エキスパートインタビュー

  • 経営基盤を強化するIT戦略
  • 2013年 5月号(No.186)
  • 企業方針の明確化とマネージャーによる動機づけが
    効果の高い人材育成につながる

人物写真

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(MDIS)
ITソリューション事業本部 ITシステム事業部 HRM推進部 コーディネータ課 課長
飯澤 奈美路 氏

“次代を担うリーダー”、“ビジネス目標の達成に貢献する人材”、“付加価値を創出する人材”、“IT戦略・企画を立案できる人材”――。企業が推進する人材育成には様々なニーズがありますが、共通していえることは、企業として一貫した方針に基づくマネージメントや教育施策が求められているということです。そのためのフレームワークや計画策定はどうあるべきでしょうか。今回は、人材育成コンサルティングや研修などのサービスおよび三菱電機総合人材育成システム「MCAL/Web」を提供し、企業の人材育成を総合的に支援するMDISの飯澤氏に、人材育成の最近の動向も踏まえ、人材育成の効果を高めるために必要な考え方やポイントを伺いました。

飯澤 奈美路(いいざわ・なみじ)氏プロフィール
三菱電機のコンピュータ関連製品の技術教育から始まり、三菱電機、三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(MDIS)にて、一貫して企業内教育サービスに従事。現在は人材育成コーディネータとして、企業の人材育成をシステム面からサポートするHRMS(Human Resource Management System )の導入から 現場教育施策の企画、実施までトータルに支援している。また、現場感覚を磨くため、PMP(Project Management Professional)資格者として、自らプロジェクトマネージメントの講師も行っている。

目的を明確化し
教育施策を使い分ける

 「私どもが提供する研修サービスでは、技能習得に加え、実務だけでは得られない知識の提供を重視しています。例えばプロジェクトマネージメントがテーマであれば、豊富な実績のある講師を招き、基礎知識の解説にとどまらす、経験談を話していただきます。理論を学ぶだけではビジネスに生かすことができないし、研修だけでは実務に生かせるスキルを習得できません。受講者に気づきやヒントを与える場として、研修を実施したいというニーズは確実に高まっていると実感しています」
 飯澤氏はまず、企業の研修に対するニーズが、業務の遂行に最低限必要な知識や技能の習得にとどまらず、ビジネススキルやヒューマンスキルの習得にまで踏み込んだ、幅広い領域に広がっていると話します。例えば、MDISが、こうしたニーズに応えるために提供しているサービスの1つが、“考える力を養成する”ことを目的とした研修です。インターネットで検索した情報を自分の答えとして書く習慣から脱却し、どうすればビジネスにつながる価値を創出できるかを自らの頭で考え抜く習慣を身に付けさせることが目的です。
 では、誰に、どのような研修を受講してもらい、どのレベルのスキル習得を目指すべきでしょうか。その計画策定のベースとして活用できるのがITスキル標準(ITSS)、組込みスキル標準(ETSS)、情報システムユーザースキル標準(UISS)を包含した「共通キャリア・スキルフレームワーク」(CCSF)です。
 「CCSF自体は評価指標の雛形であり、目標達成の目安にすぎません。つまり、その目標達成がなぜ必要か、目標達成に向けて人材をどう育てるかは、企業自らが考える必要があります。私どもが提供する人材コンサルティングサービスでは、CCSFの導入自体が目的、“診断ありき”とならないよう、あくまで各企業の経営戦略を人材戦略にブレークダウンする計画策定の支援に主眼を置いています」
 MDISでは、主に三菱電機グループでの実績を生かした人材戦略策定のコンサルティングを手掛ける一方、ITビジネス・ユニバーシティ(ITBU)と呼ばれる研修サービスや社員のスキル管理システムを中核に、eラーニング、資格管理、集合教育管理システムを連動した、人材育成システム「MCAL/Web」の提供など、人材育成を総合的に支援するビジネスを展開しています。人材を育成するにあたり、重要になるのが各施策の効果を高める使い分けです。飯澤氏はそのポイントが目的の明確化にあると語ります。
 「eラーニングは、実技を伴わない知識習得に適した研修の手段ですが、最近は、安価に利用できる汎用的なコンテンツと自社オリジナルのコンテンツを使い分ける企業が増えています。例えば技術や法律の最新動向など、当然知っているべきことを社員が皆わかっているかどうかを確認するために汎用的なコンテンツを利用します。また、セキュリティーポリシーの周知徹底など、自社に固有の内容はオリジナルコンテンツを作成し、自社内のeラーニングシステムに載せるといった運用が多くなっており、立案した育成計画の可視化やeラーニングが行なえる『MCAL/Web』は有効なツールです。コストダウンや“いつでもどこでも”という特性に加え、eラーニングでは、一般的な知識の習得を目指すのか、自社独自の方針に対して共通認識を醸成して底上げを図るのかという見極めが重要です」

▲ ページトップに戻る

動機づけのカギは
マネージャーの姿勢

 効果的に人材育成を進めるためには、目的に応じて集合研修とeラーニングを使い分けることが企業に求められます。飯澤氏はその運用のためにIT活用が有効だと指摘します。
 「例えば個人情報の適切な管理を認証する“Pマーク”(Privacy Mark)を取得している企業には、セキュリティーに関する社員への教育や履歴管理が義務づけられています。こうした企業にはeラーニングが非常に有効であり、効率的な管理による運用負担の軽減のみならず、個人の履歴やスキルレベルを正確に把握することや、先ほど説明した育成計画の可視化に対してIT活用が必須ではないでしょうか」
 一方、集合研修やeラーニングの効果を高めるには、内容の質や講師の人選などに加え、社員個人の目的意識や“なぜ受講するのか”を納得できる動機づけが重要になります。最後に飯澤氏は、そのカギを握るのが受講者のマネージャーだと指摘し、次のように話してくれました。
 「日本企業は、社員が研修の必要性を実感する動機づけの部分が非常に弱いといわれています。実際に、私どもが主催する研修でも、“上司にいわれたので来た”と公言する受講者も少なくありません。これでは研修に大きな効果を期待することはできません。“君にこういう期待をしているのでこの研修を受講してもらう”というメッセージを伝えて送り出し、受講後は研修の成果を実務に生かせるように働きかけることが重要です。各職場のマネージャーには、そういう姿勢で人材を育ててほしいと思います」

▲ ページトップに戻る

MCAL/Webの画面

MDISが提供する三菱電機総合人材育成システム「MCAL/Web(エムキャルウェブ)」は、「スキル管理システム」を中心に、「eラーニングシステム」「集合教育管理システム」「資格管理システム」を備え、各社の実態に合わせたカスタマイズも可能

MCAL/Webの画面

▲ ページトップに戻る