メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • Product Report

  • プロダクトレポート
  • 2013年 5月号(No.186)
  • 長時間録画を極めた最上位モデル新登場
  • ネットワークカメラ用録画・配信サーバ「ネカ録」
    【NS-5800】 新発売のお知らせ

三菱電機インフォメーションテクノロジー株式会社(MDIT)では、様々なメーカーのネットワークカメラに対応した新世代監視システムを安価に構築できる「ネカ録」を2005年からご提供しています。近年監視カメラシステムは、高画質、高フレームレート、長時間録画の要望が強くなっており、ますます大容量のハードディスクが必要になってきています。新発売した「ネカ録」の最上位モデル【NS-5800】は、12本の大容量ハードディスクを内蔵し、高機能・高性能なハードウェア仕様とすることで、これらのご要望に応えることが可能です。

NS-5800の主な特長

NS-5800●24TB HDD内蔵、36TBモデル近日発売予定

NS-5800は、24TB(2TB×12本)の大容量HDDを内蔵。高解像度でカメラ台数が多い場合でも、長時間の録画が可能です。さらに大容量の36TB(3TB×12本)モデルを近日発売予定です。

●RAID6・ホットスワップ機能搭載※1

HDDが2本故障しても録画画像を保持できるRAID6を搭載。故障したHDDは、ホットスワップ機能により録画しながら交換可能です。HDDは鍵付なので、不正な持ち出しを防止できます。さらに電源もホットスワップ対応の冗長構成になっています。

●奥行を従来モデル(NS-5700)比で約3割削減※2

NS-5800は奥行を502mm(本体突起部およびラックマウントキットを含まず)に短縮しましたので、奥行の短いラックでも設置可能です。また、USBキーを無くしたことにより、奥行50mmのUSBキー用のスペースが不要になっただけでなく、USBキーの挿し忘れによる不正表示が無くなりました。

●H.264/AVCの動き検知機能、間引き(Tフレーム)録画機能を追加※3※4

最新の動画圧縮技術であるH.264/AVCで動き検知が可能になりました。動き検知時の録画やPCへの通知等が行えます。また、間引き(Tフレーム)録画機能により、ライブ表示は滑らかなままで、より長時間の録画が可能になりました。

●ネカ録統合監視ソフト標準添付※4

ネットワーク経由でネカ録にアクセスし、ネカ録の各機能が正常に動作していることを確認できる、統合監視ソフトを標準添付しました。ネカ録やカメラ等の異常がすぐにわかるので、より短時間での障害復旧が可能になります。

※1:RAID縮退及び再構築中は録画・表示可能なコマ数が減少します。
※2:高さは2U(NS-5700)から3U(NS-5800)になっています。
※3:動き検知機能が使えるカメラの機種はホームページ上でご確認ください。
※4:NS-5800だけに搭載される機能です。

▲ ページトップに戻る

説明図

▲ ページトップに戻る

▲ ページトップに戻る