メルトピア

経営基盤を強化するIT戦略

三菱電機メルトピア。様々な事例がご覧いただけます。

  • Product Report

  • プロダクトレポート
  • 2013年 6月号(No.187)
  • 長期署名延長機能オプション(国際標準規格PAdES準拠)を新発売
  • 電子署名サーバモジュール MistyGuard〈SignedPDF〉シリーズ新製品のご紹介

電子文書を“原本”として取り扱うためには、文書ファイルが“改ざん”されていないこと、また、なりすましでないことを保証(本人が電子署名を施したことが判別できること)する必要があります。三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社(MDIS)の電子署名サーバモジュールMistyGuard〈SignedPDF〉シリーズは、PDFファイルに対して電子署名することで“真正性”を担保し、正式文書の電子化システム構築を可能にします。
電子署名で使われる証明書の有効期間は通常2年程度ですが、近年、建設業界や医療機関などでは、法的要請や業務上の理由から10年を超える保管期間を求められる場合が多くなってきました。
2013年5月に発売した、電子署名サーバモジュールMistyGuard〈SignedPDF Server〉PureJAVA版の新バージョンは、国際標準規格PAdESに準拠した「長期署名延長機能オプション」を実装し、10年以上を超える保存ニーズに応えるシステムを効率的に開発できます。

●電子署名サーバモジュール
[MistyGuard<SignedPDF Server>PureJAVA版]
高度なセキュリティー確保を要求される電子文書の署名・検証処理を自動的に行います。
●電子署名サーバモジュール
[MistyGuard<SignedPDF Interactive Server>]
Webサイトを通じた重要な電子文書の交換時において、閲覧者に操作性の良い電子署名環境を提供します。
●電子署名検証ソフトウェア
[MistyGuard<SignedPDF Verifier>]
SignedPDFで署名されたPDFファイルの署名検証を行うための無償ツールです。署名検証機能と証明書管理機能を提供します。

電子署名サーバモジュール 新バージョンの特長
@新機能の長期署名オプション
長期署名の国際標準規格(PAdES)に準拠しており、30年、50年といった長期の真正性を担保できます。
A多彩なプラットフォームに対応
特定のOSに依存する機能を使用しないPureJava製品であり、多彩なプラットフォーム(Windows®、Solaris™、Linux®)に対応しています。


画面例

長期署名付与PDFの署名検証時画面例

説明図

電子申請システム(長期署名対応)への適用例

▲ ページトップに戻る

▲ ページトップに戻る